Skip to content


けいおん!が終わりましたが。

▼だいじょうぶ

角川から新しく創刊される雑誌「ノベルアクト」にてめろん先生の「もののけっ!」という最高にオモシロイ超伝奇落語妖怪小説がハジマル……!イラストもカワイイヨ!「けいおん!」となんの関係もないので間違えないように注意していただきたいですがむしろまちがってくれたほうがありがたいのかもしれぬとも思いつつ1グラムたりともマジメに書いていないので真面目な人が読むと非常に苦々しい思いをされること請け合いなので必ずお酒を飲んだり過呼吸になったりしてから読まれることをオススメ致します。それはさておき、ワタクシこの執筆メンツの中に伊勢勝良という名を見つけて衝撃を受けました。伊勢さんといえば「オナニーマスター黒沢」の作者(書籍化された際はタイトルが『キャッチャーイン・ザ・トイレット!』になった。シンプルでインパクトがある帆足英里子さんのブックデザインと重松清さんの推薦文が◎)ぶっちゃけタイトルの出オチ感で一般読者には一打席目でいきなり敬遠という悲しくも悔しいカンジなんですが、某電車男などを遙に上回る感動と、予想の斜め上を行く展開、そしてなにより青春の普遍的な甘酸っぱさと苦々しさに溢れた傑作。というわけでこれは一読者として期待。字が読めない人もニコ動に音声版あるので安心です。

[`evernote` not found]

Posted in 仕事, 告知, 小説, 日常.

Tagged with .