Skip to content


レーシック以下略……(2)

▼やってきました。

順番としてはまず検査→コース選択→施術。コースはいろいろありますが、やることはみんなおなじです。目を切りひらいて中の角膜をレーザーで削って屈折率を変える。目を切りひらくときに昔はメスでやってて、最近はレーザーを使うらしい。一番安いコースだと両目で10万切るけど、メスで切られるらしい(ちなみにアメリカ帰りの友人は10年前くらい昔、メスでやられたけど「超いいよ超見えるよ」って言ってたのでそんなに問題ではなさそう……個人差もあるだろうけど)。検査後にコース説明ビデオを数人で視聴させられる。
主に
「角膜の細胞は再生しません!」
「だから最高級がいいよ!」
「レーザーの性能が倍違う!」
「傷の治りが早い!」
などです。説明が終わると「はい、では○○さんは……なにコースをご希望ですか?」と聞かれますが、ほぼ全員が最高級を選択します。というかね……これで「せっかくだからこっちを選ぶぜ」とかって最低レベル選択するのってかなり気合い入ってる反抗期だろ……HP1でラスボスと戦うとかそんな感じ。さすがに俺も仕事的に目が命なので最高級を選択です。友人に紹介されたのでいくらか割引が適応されましたがそれでも厳しいので12回ローンを組んだ。ちなみにローンはVISAとかカードが使えないので書類記入をしなくてはなりませんが、金利がゼロなのでローンはこっちをオススメします。俺でも通ったので、ブラックリストに入っているとか、戸籍がないとか、そういうウシジマくんワールドの住人でない限りまず落ちないと思う。

▼2010年10月21日(木)

ここからはTwitterの投稿をまじえて記録する。

今日で眼鏡とはお別れか。

posted at 12:31:03

検査おえいまからレーザーあびまくり

posted at 14:56:55

時間通りに病院に行って視力検査。4人ずつ呼ばれて並んで手術フロアへ、薄暗い待合室で麻酔目薬をして待ちつつ、髪をまとめる帽子のようなものをかぶる。順番に廊下を通って手術室に案内される。このフロアには手術室が何部屋もあるのだが、ドアの開閉は赤外線だかなんかで足元のほうに四角い窓のセンサーがあって、そこに足をかざす(蹴る?)。
ドアが開くと中には医者がスタンバイ。
手術台に寝ころぶと怒首領蜂の一面ボスの飛行モードみたいなの(←画像)が目の上にあらわれる。「緑の点滅をみておいてくださいー」と言われ必死でそれを見つめる。左の方でパソコンから聞き覚えのある音が……ああなんだか……思い出せない……でもなんだかとても懐かしい音なんだ……これは確か……そうだ。ウインドウズだかマックだかのタスク完了音だ!えっ!?大丈夫なの!?とか思ってるうちに右目がテープで固定されなんだかよくわからないものを目に直接つけられるとタスク音が鳴りまくり。視界がぼやけてくる。
「ちょっとみえなくなりますよー」
という言葉とともに突然視界がブラックアウト。
な、なにが起きてるんだ!?>これは角膜を切りひらいたせいらしい。
「レーザー照射」
カウントダウンがはじまる。20秒。15秒。
なんだかタンパク質が焼ける臭いがしてきた……。
5秒……終了。
あっけなく終了。左もおなじように行い、
「はい終了です。外でお待ち下さい」
え!いきなり目あけて歩いてだいじょうぶなの!?薄目を開けるとすごくかすみまくって見えない。そのままリクライニングシートが並ぶ薄暗い部屋に連れて行かれると、先に4人ほどの人が寝ている……流れ作業的にこのペースで手術受けてる人がいるっていうのはすごい……。座らされて目薬をさされて待つこと15分ほど。
「はい、検診です」
また検診を受けてサングラスと目薬をもらって帰宅。
え?これでおわり?という奇妙な感覚が……一緒に受けた人が、足早に部屋を出て、うれしそうに窓の外の景色を見に行っていたのだけれど、そんな気分になれず……というか曇りすぎてて見えないし異物感があって目が膨れあがってるようで痛い。

うおー手術はラーメン時間並みだった、視界がまだまだ不安定…

posted at 16:51:23

とりあえず家に帰って目を休める。ひたすら4種類くらいの目薬をローテーションでさしまくる。

右目がゴロゴロ。だんだん曇りがとれてきたような。

posted at 18:01:53

四種くらいの目薬をひたすらさしまくらなければならない。なんだかだんだんクリアになっとる。

posted at 18:51:03

レーザーのとき、タンパク質の焦げる匂いがした。

posted at 18:54:37

目がゴロゴロするのにくわえてお腹もゴロゴロしているのですがおれはいま大丈夫なのだろうか。

posted at 02:17:58

不安におののきながら眠る初日の図。死体っぽい。

▼2010年10月22日(金)

う、朝起きたら右目だけすごい不安定なんだが…異物感がまだのこっておる…不安だ。

posted at 10:43:17

あまり改善されていないのがすげえ不安なままK社で打ち合わせ。食堂でメシを食っているあいだ、外の景色をながめる。たしかに見えている。見ているのだが、遠くまで見えて画面が汚いのと、画面が綺麗で近くしか見えないの、どっちがいいかって言ったら……綺麗なほうがいいよな……とブルーになる。まさかこのまま改善されないってことはないだろうけどそれにしても怖い。打ち合わせ終え、付近にある「双子魔女の前世カフェ」に行ってみる。3千円でハーブティと前世がセット。大阪の前世喫茶 カフェ ローデストン (Cafe Loadestone)っていうのもあるが無関係。預言カフェともよく間違えられるそうですが、そっちはマジでキリスト教系です。ちなみに俺の前世は「中世の魔女。趣味で魔術とかやってたのにマジだと思われて魔女狩りされた」らしい(笑)目薬さしまくってたら「レーシックですか?私たちもやったんですよ」と言われる。やってる人多いんだねほんと。でそのあと検査。

検査いってきた。左1.5、右1.2になってたんだけど字がにじんで本が読めなくてめっちゃ不安。右がとくにひどい。医者には1週間で安定するって言われたんで待つ。

posted at 22:09:24

しかし、ランドルト環以外の検査法ないのかな……以前、途中で配置を記憶してしまいめちゃめちゃになったことがある。せめてランダム表示必須にしてくれ。

posted at 22:14:47

夜のグレアとハローはまだかなりある。

▼2010年10月23日(土)

今日はとにかく目を休めようと思いあまり外に出ないで家にいた。が……目を使わないとほんとになにもやることがない!ゲームも本も読めない。音楽をきくくらいしかないのだがそれもなあ……。と、思いつつなんとなく部屋の片付けとかをする。本が増えてきたのでダンボールにつめて実家の書庫に送る。

そろそろ目を休めよう。

posted at 01:20:09

▼2010年10月24日(日)

レーシック三日目経過。夜のハローグレアは出ている。左は異物感なしだが、右がまだ異物感あり。読書はまだできない。つうか手元見てたらすごい近くに焦点が合わなくてびびった……老眼だ!軽減されるのだろうか。不安だ。

posted at 00:20:05

う、パソコンで映画一本見たら視力が下がったきがする……いかんな。

posted at 23:01:54

レーシック四日目。右目がまだ異物感あり。見え方は昨日とあまり変わらず右目だけにじむ。左も少し落ちたような…。まだ読者は難しい。

posted at 11:03:51

読書を「読者」とタイプミス。まったく気づかないほどのにじみです。三日目なのに四日目ってかいてる。


メガネあり(締め切り前、数ヶ月前)とメガネなし(締め切り後、現在)のめろん先生比較。


▼2010年10月25日(月)

朝起きて見え方を確認するのが日課になってきたよ。

レーシック五日目。異物感は消えたが右目、いまだに滲みあり。小さい文字が読みづらい。が…休んでるわけにもいかないので本日からまた仕事再開。

posted at 13:21:15

これ四日目の間違い。ここ三年くらいずっと、書けないときでも机に向かってなんか書いてるか本読んでるので、こんな長いこと執筆も読書もしていないのは久しぶり。落ち着かなくて仕方ない。週明けということでこのへんで仕事を進めようと思い机に向かって仕事はじめ。暗い部屋(←部屋はこんなかんじです)でないと集中出来ないのが仇となりグレアとハローだらけの視界でなんとかこの文字を打つ……ほんとになおるのか!?というそこはかとない不安を抱きつつ週末の検診を待つことにします……(続く)

[`evernote` not found]

Posted in レーシック, 日常.

Tagged with , .