Skip to content


京都SFフェスティバル続報

▼追加ゲストが決まりました

先日お伝えした京フェスのイベント「 SFメディアとしてのビジュアルノベル」ですが、豪華な追加ゲストがお二人も参戦ということで海猫沢、心の三大エロゲメーカーの一つ「ニトロプラス」(残りふたつはKeyアリス)の鋼屋ジンさん、小説家の樺薫さんです。鋼屋さんは言うまでもなく「デモンベイン」をてがけたヒットメーカーであり、樺薫さんは先月講談社BOXより新刊『ぐいぐいジョーはもういない』が発売……が、海猫沢的にはガガガ文庫デビュー作『めいたん』デスヨ。これはあきらかに笠井潔の探偵小説論をラノベ的に落とし込むという意図に基づいている……俺にはわかるぞジョジョ!すいません妄想かもしれません!でもすんごい前にお会いしたときそこんとこツッコんだら同意してくれた気がするんです!というわけで最終的なメンツは樺薫( @K_cumberland )、前島賢( @MAEZIMAS )、伊藤ヒロ( @itou_hiro )、海猫沢めろん( @uminekozawa )、鋼屋ジン( @J_hagane )でお送り致しますのでなにとぞコンゴトモヨロシクオネガイイタシマス……。

SFメディアとしてのビジュアルノベル

企画案内
SF というジャンルは、小説、映画、アニメ、マンガとさまざまな媒体で描かれてきました。「音声や映像とともに文字を読むゲーム」であるビジュア ルノベルは、主に「美少女」「萌え」といった点が注目されがちですが、実は、十数年にわたり、数多くの優れたSF作品を送り出してきたメディアでもありま す。今回は現役のシナリオライターならびにシナリオライターの経験を持つ作家の方々をお招きし、「SFメディアとしてのビジュアルノベル」という切り口か ら、ジャンルの展望、今後の創作活動などについて語っていただきます。
司会にはライターの前島賢氏を予定しています。

出演者/プロフィール(敬称略)
伊藤ヒロ
フリーで活躍中のシナリオライター。代表作に 『R.U.R.U.R ~ル・ル・ル・ル~このこのために、せめてきれいな星空を』「ク・リトル・リトル」シリーズなど。2010年6月に一迅社文庫から『アンチマジカル~魔法少女禁止法~』を刊行。

海猫沢めろん
1975年大阪府生まれ。 小説家。PCゲーム『ぷに☆ふご』および同作品のノベライズ『左巻キ式ラストリゾート』でデビュー。代表作に『零式』『全滅脳フューチャー!!!』など。

鋼屋ジン
1976年生まれ。ニトロプラスのシナリオライター。代表作に「斬魔大聖デモンベイン」「機神飛翔デモンベイン」「竜†恋」など。

樺薫
1980年。美少女ゲームシナリオを経て、2007年8月に『めいたん』で小説家デビュー。別名義で評論系の同人活動を行うなど、幅広い活躍を見せる。2010年9月には『ぐいぐいジョーはもういない』を刊行。

前島賢
1982年茨城県生まれ。『SFマガジン』『ドラゴンマガジン』などで、SF、ライトノベルを中心に活動中。著書に『セカイ系とは何か? ポスト・エヴァのオタク史』。

時間
15:50~17:00

※詳細は京都SFフェスティバル2010まで!

[`evernote` not found]

Posted in イベント.

Tagged with , , , , , .