Skip to content


あけましておめでとうございます


▼今年もよろしくお願い致します

仕事をしているうちに2011年が来てしまいましたが皆様、昨年はいかがお過ごしでしたか? 引き続き今年もよろしくお願いします。
さて、昨年は作家生活始まって以来、ある意味で最も厳しかった年であり、停滞ムードがあったのですが、年末にかけて猛省し、今年は本当に生活を立て直そうと思っています。
とりあえずゆっくりとですが、三食きちんと食べることと、毎朝9時までには起きて机に向かい、毎日10㎞走って、夜は12時までには眠るということを始めております。余裕を持って生活し、なるべく夜はゆっくりと読書したいものです。
数えてみれば今年はめっきりと読書量が減っておりました。しかしながら、そのぶん映画や音楽やそのほか素晴らしい作品とも沢山出会いましたので、本年は読者との接点であるブログの更新にていろいろなものをご紹介したいと思います。
創作がつまったときは散歩と熟考と読書と、そして素晴らしい友人たちとの会話がいつも私にインスピレーションを与えてくれます。決してサボっているわけではないのです。本当ですよ。
そんなわけでさっそくですがフライング気味に新刊の速報です。

『愛についての感じ』 講談社:価格未定 2月発売予定
「群像」「新潮」「すばる」「文學界」文芸四誌に発表された小説五編をまとめた作品集。
収録作は「初恋」「ピッグノーズDT」「シュガーレイン」(「箱庭」改題)「オフェーリアの裏庭」「新世界」(「震える刺青」改題)。


装丁・デザインは名久井直子さん(やったー!)。装画はひみつのあの人(どきどきしています)。詳しくはまた追って報告致します。どんなデザインになるのか、ほんとに私も楽しみです。書店で一目惚れしてしまうような本になる……はず!
それでは皆様、今年も楽しい本との出会いがありますように!(できれば私の本がその中に入っていますように……)。

[`evernote` not found]

Posted in 仕事, 告知, 日常, 書籍.

Tagged with .