Skip to content


霊的動画批評最終回「デモンベイン」

▼悠久の太古、この地球には忌まわしき旧支配者が君臨していた。彼らは神秘の力とその忌まわしき姿ゆえに封印され、いつしか魔道書の内奥に秘密として語られながら、邪神として畏怖される存在となった。だがしかし、彼らは未だこの地球の支配権を奪還せんと復活のときを待っている……。20世紀最悪の恐怖小説家HPラヴクラフトの作品に端を発する「クトゥルー神話」はこのような妄想から始まった。だがしかし……私は知っている。これが真実であるということを!くわっ!読者諸君目覚めよ!アニメを心の目で霊的な角度から批評してきたこのコーナー〈霊的動画批評〉だが、もう時間がない。今月よりあのクトゥルーアニメ「機神咆吼デモンベイン」が始まってしまった。こんなにも早くやつらがこのコーナーに気づくとは!

▼手短に話をしよう。実は自分は並行宇宙からやってきた海猫沢めろんの同一存在である。読者を戦士として目覚めさせるため、このコラムを開始、サブリミナルで覚醒言語を散りばめておいたのだが、どうやら先にやつらに見つかってしまった。各自あとでアナグラムやフィボナッチ数列を駆使しコラムの秘密(めろんコード)を解明してほしい。

▼アニメ「機神咆吼デモンベイン」の舞台は科学とともに魔術理論が進歩した世界。魔導技術の進歩によって繁栄を極めたアーカムシティは、凶悪な大魔術師率いる犯罪結社ブラックロッジに脅かされていた。そこでアーカムシティの守護者・覇道財閥は、邪悪な力に対抗すべく、超魔術ロボデモンベインを製造。いろいろあってかっこいいヒーローがそれに乗って戦うという、そんなかんじのストーリー。もちろんこれがそのまま真実なのは疑う余地もない。宇宙人の事実をいつまでも隠している米国を見れば分かるように、真実はフィクションによって隠蔽される。

▼ところであらすじでは書かれていないが、デモンベインのヒロインはあの、伝説の魔道書「ネクロノミコン」なのである!おお……なんということか、クトゥルー神話の生みの親であるラヴクラフト先生も草葉の陰から歯噛みしてこの状況を見守っておられることであろう!まさか極東の果てがこんなことになろうとは!命がけで邪悪な魔道書の存在を明らかにしたラヴ先生の努力が水の泡である!いまや邪悪なる教義を信奉する邪教信者どもが秋葉原で胎動しつつある……自分は彼らと戦うためラヴ先生の一番弟子としてこのコーナーを続けてきたというのに無念!いあいあ!ふんぐむるなう!あにめ!もえもえ!ひゃはははははぁっぁ!きき気づかれてしまった!見てるんだろ!おまえ!おまえらだよ!こっち見るんじゃねえよ!!!外宇宙から巨大な原色髪の萌えキャラがオレの脳味噌の皺の間に入り込み現実を操作しているっ!バーチャルリアルリアリテイィ!やっぱりそうか!クィックジャパンとかって最初から誌名がおかしいと思ってたんだよ……クィックでジャパン……早い日本……早いといえばシャブだろ……シャブ日本ってことだろ。知ってたよ知ってたよ……もちろん。日本をシャブ漬けにするつもりか。そうなんだろクィックジャパン!この原稿も載せないつもりなんだろ!そう簡単にオレを殺せると思うなこんなヘボコラム書いてるからってばかにすんじゃねえオレだって魔道書くらい持ってるんだよああ?疑ってんのか!これだよこれ!現代の語り部Yoshiによって記された究極の魔道書『Deep Love』……「ネクロノミコン」なんてメじゃねえんだよ……もちろん鬼械神だって召喚できるぜ……名前?名前か……「パオ」だよ……犬だからって侮ると痛い目に遭うぜ!どっからでもかかってこいよ!か、かかってこい!オラ!緑色に光ってんじゃねえぞコラァ!見てろよ、いまからこいつを電子メールだ……いくぞ……行くぞ電子メール……これで明日の新聞おまえらのこと載っちゃうぞ……そう゛ぉうえう゛ぉうびぃいば

※この原稿が送られてきた後、めろん先生の自宅が火災で焼失するという事件が起こりました。現在先生は行方不明です。担当者が警察に届け出を出しておりますが、心当たりのある方は編集部までご連絡ください。なお、緊急事態につき連載は今回で終了とさせていただきます。短い間の応援ありがとうございました。

 


初出:QuickJapan


みなさん応援ありがとう!呪う!

[`evernote` not found]

Posted in 売文保存庫, 霊的動画批評.

Tagged with , , , , .