Skip to content


霊的動画批評第6回「かしまし」

▼アニメを心の目で霊的な角度から批評するこのコーナー〈霊的動画批評〉。今月紹介するアニメは巷で話題の性転換萌えアニメ「かしまし」であります。前回モロッコで性転換して乙女になった海猫沢ですが、またアレを付けました。ミシェル・ウエルベックの『素粒子』なみにジェンダーレスです。

▼「かしまし」は裏山に落ちてきた宇宙船にぶつかって衝突死した少年が、気づくと宇宙人の力で女になって蘇生していた。という、リビドー丸出しのオタク中学生が見た夢のような、わけのわからないアニメなのですが、ここに少女二人との三角関係がからみ、複雑怪奇なラブコメへと発展していきます。が、そんな表面的なことはどうでも良い。霊的に見ると、この作品は大変重要な霊的進化を促すメッセージに満ちている。独自調査で突き止めたその事実をここに公表しよう。

▼とある土曜のことだった。自分は友人であるゲイのカップルと一緒に新宿で食事をすることになった。和肉を食い、ほろ酔いになった彼らはおもむろにこう言った「ねえ、めろんちゃん、せっかくだし二丁目へ行ってみない?」吹き出る冷や汗。こいつ……超能力者か。なぜカミングアウトしていないのに分かったのだ……内心の焦りを隠し震える声で「べ、べつに自分はゲイではありませんが……ま、まあ一度くらいなら行ってみようじゃないか」そして自分はついに二丁目デビューを果たした。

▼初めて行く二丁目は妙に違和感がなかった。なんとなく似たような格好をし、それとなくオーラを出しているゲイの人々。ゲイ用にカスタマイズされたショップ。そこら中で偶然出会った知り合いが久闊を叙し、ジャーゴンでなにやら語り合っている。アキバのデジャヴを感じる……。昔からオタクとオカマの類似性の高さを指摘している自分であるが、実際に目の当たりにした異文化の接点に感激。そして連れて行かれたお店はカウンターとカラオケを備えた小さなマンションの一室だった。「あら。いらっしゃ~い」何の疑問もなくゲイとして扱われていることが気になったが、まあそれはおいといて。数時間後に何か違和感を感じた。さきほどからカラオケを歌い始めた店員のセレクトに偏りがある。「残酷な天使のテーゼ」「輪舞-revolution」「檄!帝国華撃団」全部アニメ、しかも微妙に古い。カウンターのオカマが、夢枕獏の小説のようにニヤリと壮絶な笑みを浮かべて「いいもの見せてあげるわ」と背後の棚から取りだした写真――自分はそれを目にした瞬間、雷のような霊的啓示に撃たれ、未知の動物にかじられて喜ぶムツゴロウさんのような快感に打ち震えた。

▼そう。そこにはオカマとかしまし原作者であるあかほり先生がツーショットで……やはりそうだったのか……(編集部注:カウンターで飲んでるだけの写真です)「かしまし」は二丁目文化とオタク文化が霊的に融合して産まれたハイブリッドアニメであり、ゲイ文化を広めるための福音だったのだ!考えてもみよ。普通にかわいい男子に萌えても、社会的常識に阻まれて公言をはばかられる。だがその男が肉体的に女子になってしまえばどうだ。たちまち萌えの嵐!しかし!ちょっと待っていただきたい。あなたが萌えているはずむ君(性転換した主人公です)は果たして男なのか女なのか?

▼近代においては、性差とは身体の差異である。が、しかし萌えを高次の精神的活動とするならば、肉体など関係ない。ここにおいて精神の上位性が見られる。ということは肉体が女になろうが関係なくはずむ君は男なのである。つまり、なんにせよはずむ君に萌えてしまったあなたはある意味深層心理でゲイへの素質を秘めていることに他ならない!さあ「かしまし」を見てなにか妙な気分になってしまった諸君!カミングアウトせよ!ブロークバック・マウンテンを越えてアキバと二丁目を繋ぐ架け橋となれ!あとスピーカーから粘性を帯びた百合色の液体が噴き出しそうな、ゆかりん、堀江由衣、植田佳奈のネットラジオも聞き逃すな!世界はもう狂いはじめている!性別というシステムを破壊せよ!アナーキー・イン・ザ・かしまし!めろん先生は両刀です!

▼獲得した能力:〈アニメ批評力+10〉〈映画批評力+10おすぎ〉〈ゲイパワー+30フォー〉


初出:QuickJapan

今思うとこのアニメは「男の娘」をこの時点で先取ってたね。

[`evernote` not found]

Posted in 売文保存庫, 霊的動画批評.

Tagged with , , , , .