Skip to content


ニコニコ最終回!

▼すばる連載の
「はたらく」ということをテーマに「すばる」で、ぼちぼちとやってきた連作短編「ニコニコ時給800円」。
やっと最終話が書き終わったー!!
二〇〇九年の六月号からはじめたので、ほぼ丸二年かかってしまった……。

二年前はロスジェネとか派遣問題が活発に議論されていたように思うんだけど、今はすこし雰囲気が変わったような気がするなあ。当時は状況を変えるために戦う気運が高まっていたのだけれど、今はもう抵抗するより、この状況でいかに生き抜くかという問題になってきている。
他人にとっては過去でも、いつだってそこで戦ってる人がいるので、どんな問題でも過去のことにしちゃいけないんだけれど(以前、関西に帰ったときに神戸新聞を見たら、一〇年前の明石の花火大会圧死事件の続報が載ってて……)、派遣問題の象徴であった「加藤の乱」の加藤の処遇に決着がついた今、それもおそらく過去のことになっていくんだろう。災害の報道は重要だけれど、その裏でかき消されてしまうものがあるのかもしれない。
歴史というのはこうして、強い事実と物語で上書きされていくのだろう。

連載中に取材対象であったぼくの友人が亡くなったり、秋葉原の事件の被害者に近い身内がいたり、そういうこともあってとても思い入れがある作品です。
7月には単行本として発売される予定ですので、少々お待ちを。

[`evernote` not found]

Posted in 仕事, 告知, 小説.

Tagged with , , .