Skip to content


徒然草

第六十八段
筑紫に、なにがしの押領使などいふやうなる者のありけるが、土大根を萬にいみじき藥とて、 朝ごとに二つづゝ燒きて食ひける事、年久しくなりぬ。 ある時、館のうちに人もなかりける隙をはかりて、敵襲ひ來りて圍み攻めけるに、館の内に兵二人出で来て、 命を惜しまず戰ひて、皆追ひ返してけり。 いと不思議に覚えて、「日頃こゝにものし給ふとも見ぬ人々の、かく戰ひしたまふは、いかなる人ぞ」と問ひければ、 「年來たのみて、朝な朝な召しつる土大根らに候」といひて失せにけり。
深く信を致しぬれば、かゝる徳もありけるにこそ。

「徒然草」吉田兼好

マンガ現代語訳

大根好き、このあと盗賊に襲われる。
そこへ助っ人が……。

謎の助っ人の正体は……。

「ええっ? あ……消えた……!?」
って……ちょ!おま……。

 

第六十八段、大根が兵士に化ける話は少し怪しいが、次の六十九段と合せて読んで見ると寓意を主として書いたものとも思われる。迷信とは少し事変るがいわゆるゴシップの人を迷わす例がある。猫又のゴシップの力で犬が猫又になる話や、ゴシップから鬼が生れて京洛をかけ廻る話などがそれである。現代の新聞のジャーナリズムは幾多の猫又を製造しまた帝都の真中に鬼を躍らせる。新聞の醸成したセンセーショナルな事件は珍しくもない。例えば三原山の火口に人を呼ぶ死神などもみんな新聞の反古の中から生れたものであることは周知のことである。

「徒然草の鑑賞」寺田寅彦

 

たまねぎ剣士を思い出しました。

[`evernote` not found]

Posted in その他.

Tagged with , .