Skip to content


【書評】「魔法使いの弟子の囁き」

U179 ナイフ投げ師

ミルハウザー関係の文章、その2。これは「すばる」に載ったそのものズバリの『ナイフ投げ師』書評です。ぜひみなさま買いましょう。てか、ミルハウザーは内向的で暗くてファンタスティックで非常に良いので、ぼくと波長があう人ならきっと好きだと思います。

————–

「魔法使いの弟子の囁き」

ウンベルト・エーコは『エーコの文学講義』の第一講目において「語りの速度」について述べている。内容を要約すればこうだ――速く語れば多少の無茶は許される! 桃の中から赤ん坊が飛び出す奇怪な物語でも、さっさと主人公を鬼退治に出かけさせれば聞き手には疑問を持たれない。逆に細かく解説するほどボロが出る。この「速度」の問題は小説において非常に重要である。今日で言うなれば携帯小説が最速で、ロシア古典文学あたりが遅いといった具合だが、早ければ面白いわけではないし、遅ければ重厚なわけでもない。前者は薄っぺらいという批判に晒され、後者は最後まで読まれないというリスクが生ずる。時に速く、時に緩やかに、速度さえ忘れさせてくれる魔法のような語りこそが理想ではなかろうか? そういう物語を読みたくないだろうか? あなたが首肯したところで、すかさず私が差し出すのはスティーブン・ミルハウザー『ナイフ投げ師』である。地味なタイトルと「そのままやん」とツッコミたくなる装画(男がナイフを投げている)に首をひねるやも知れぬが、これこそ、あなたが求めてやまぬ魔術的な語りに満ちた書物。多忙な方も心配ご無用。12の短篇で構成されているゆえ、どれから読んでも良いし、すぐ読める。試しに湯船に浸かりながら気楽に読んでいただくとしよう。頁を開くとまずは表紙の男「ナイフ投げ師」が華麗に現れ、圧倒的な技を披露する。その至高の芸に圧倒されているうちに物語は終わり、あなたは熱に浮かされたように次の「ある訪問」を読み始め、登場する友人の妻の姿に度胆を抜かれ、子供たちの怪しげな秘密をめぐる「夜の姉妹団」にさしかかる頃、頁をめくる手はもう止まらない。間男が味わう悪夢「出口」。口直しは「空飛ぶ絨毯」楽しくも儚い夏休みの想い出。続く「新自動人形劇場」のからくり人形に魅了されるあなたの瞳はサーカスを見る子供のようだ。ドビュッシーのメロディの如き「月の光」の読後、酩酊した足で歩く百貨店「協会の夢」で迷子になってもご安心を。「気球飛行、一八七〇年」が冒頭の一行で空に舞い上がられせてくれる。あなたはふと気になる。いい加減のぼせても良い頃だ……気づくとそこは湯船の中ではない。どこなのだ?麻薬のような遊園地「パラダイスパーク」を通り抜け、謎の奇人の演説「カスパー・ハウザーは語る」その声に耳をかたむけよう。ここがどこか?そんなこと忘れれば良い。カッパドキアの遺跡の如き地下通路「私たちの町の地下室の下」を読み終わる頃、あなたはもうミルハウザーの世界で溺れ死んでいる。

すばる 2008年 04月号 [雑誌]
(初出:すばる 2008年 04月号


Posted in その他, 売文保存庫, 書評.

Tagged with , , , , , , .


Parse error: syntax error, unexpected '?' in /home/users/2/fool.jp-melon/web/word/wp-content/themes/carrington-blog/comments/comments-default.php on line 66