Skip to content


『僕のエア』解説

僕のエア (文春文庫)

ついに滝本竜彦八年ぶりの長編『僕のエア』が文庫になりました!
しかも安倍さんの装丁。すばらしい。

僭越ながら巻末解説を書かせて頂きました。
さきに言っておくと、この文庫解説は17ページあります。
これでも本文より級数を下げるという異例の処置なのだが……それにしてもちょっと長い。

なぜこんな長くなってしまったのかというと、ぼくは初期のころからずっと滝本くんを見ていて、読者が知らないことを知ってしまったがために、冷静には解説をかけなかったからだ。
そのへんの事情は読んでもらえればわかる。
この作品を読むにあたって、デビュー以降の著者の私生活を知ってもらったほうが、以前のファンには理解しやすいので、かなり赤裸々に書いている。

まずいところは事前にチェックで削除してもらおうと思っていたのだが、彼は「全部そのままで結構です」と言った。
敬意と感謝を。
八年のあいだ、滝本竜彦の身になにが起きていたのか?
ぼくの目から見たさまざまな出来事が、かなりきわどいところまで時系列で記録してあります。

巻末ふくめ、 『僕のエア』という作品の一部として読んでもらえたらと思います。

[`evernote` not found]

Posted in その他, その他, 仕事.