Skip to content


感傷ベクトルに取材しました

クイック・ジャパン 103

 

クイック・ジャパン103号で「感傷ベクトル」さんのインタビュー記事を書かせていただきました。

感傷ベクトルとはなんぞや?
これを見れば話は早い。

[youtube]http://youtu.be/PYU1t2d9KVA[/youtube]

マンガと音楽を同時に創作する次世代ユニットです。インタビューしたところ、根っこにあるのはアニメ、ゲーム、マンガ、映画、00年代以降に氾濫したカルチャー。今のメインストリームであるニコ動との距離感がとてもおもしろくて、非常にぼくも共感を覚えるところがありました(世代はかなりちがうんだけどね)。


05_sentimental_s.jpg

音楽とマンガの2ジャンルを越境して表現活動をおこなう〝デジタルネイティブ世代の申し子”、それが感傷ベクトルだ。以前からオフィシャルサイトでマンガと音楽を連動させた作品『シアロア』を発表し、人気を集めていたが、この度そのコミックが集英社から、音楽がビクター・スピードスターレコーズから、発売されることとなった。そこで本誌では、この機会に、感傷ベクトルのメンバーに自己分析を依頼することにした。


クイック・ジャパン 103

 

各コンテンツ紹介

クイック・ジャパン vol.103(2012.08)
8月13日(月)発売  900円+税

クイック・ジャパン vol.103(2012.08) コンテンツ一覧

Contents
【FEATURES.1】
独占密着30日指原莉乃、博多へ。

◆第1部「 へたれ」じゃない。「へこたれ」ない人─6月下旬~7月中旬
◆スペシャルグラビア「A restart in HaKaTa」
◆第2 部 移籍から1ヵ月後に語られた本音 14,000 字インタビュー
◆第3 部 指原莉乃の未来を照らす3つの証言─ 7月下旬

【FEATURES.2】
ポップカルチャーとポップスを中継する新世代のプレイヤー/プロデューサー
前山田健一=ヒャダイン 徹底解剖
◆論考 80年代生まれが始める、次世代の娯楽
◆インタビュー前編 前山田健一が音楽家を志した理由
「9. 11 テロに遭って、初めて将来を考えた」
◆インタビュー後編 修業時代、ニコ動との出会い、そして現在
「 大声で叫んだもん勝ちだって、最近気付いた」
◆プロデュース&共同制作した6 組が語る前山田健一
◆7.11 Base Ball Bear TOUR 新呼吸 スペシャルゲスト出演密着レポート!
◆前山田健一が選んで語る カテゴリ別楽曲ビギナーズガイド
◆楽曲制作の秘密兵器 噂のヴォイスレコーダー聴かせてください

【FEATURES.3】
もいろクローバーZ
◆独占フォト「ももクロ夏のバカ騒ぎ Summer Dive 2012 Tour」
◆ツアー追跡ドキュメント~成長の記録~
◆ライブ打ち上げレポートin 博多

【REPORT】
◆joy 天田優子(Vo/G)
新たなる歌姫の肖像
◆感傷ベクトルをつくったものと、感傷ベクトルがつくったもの
◆amazarashi ×花沢健吾
◆『 たりないふたり~山里亮太と若林正恭~』
山里亮太と若林正恭があなたに教える「 たりない」流 現代サバイバル術
◆対談 後藤まりこ×森山未來
決別できなかった音楽という片割れ
◆『 ド ラゴン青年団』監督鼎談 上田 誠×三木孝浩×松居大悟
最注目監督たちが描いたファンタジー状態の日本
◆カクバリズム創立10周年 社長・角張渉の心意気。
◆SILLYTHING 成田大致 破天荒すぎる全野望激白!
◆『エウレカセブンAO 』2012年のリアルを語るロボットアニメ

【REGULARS】
◆石川直樹「 風の中へ」 第3回 2012.6.1- 7.31
◆九龍ジョー「 迷子都市徘徊日記」 第2回
◆中村 珍 「誰も懲りない~ありふれた家族百景~」 最終話
【COLUMN】
◆ムジナ
Ranking/Report/ Studies/ Interview/ Music
Comic/Movie/ Book/ Live/ etc.

【FROM EDITORS】
レターズ/バックナンバー/寄稿者紹介/編集後記


Posted in その他, その他, 仕事, 告知.

Tagged with , .


Parse error: syntax error, unexpected '?' in /home/users/2/fool.jp-melon/web/word/wp-content/themes/carrington-blog/comments/comments-default.php on line 66