Skip to content


Life感想戦「楽しくやろうというけれど……」

ustream_life201208.jpeg

楽しみにしている月一度のラジオ討論「TBSラジオLife」。
今回のテーマ「”楽しくやろう”というけれど……」に参加してきました。
詳しくはこちらを。Podcastでも公開中なのでぜひ聞いてからこのエントリを読んでみてください。

▼最初に考えていたこと

さて、今回は、楽しくやろう! という言葉でモチベートされる人、されない人、その言葉の功罪。そしてそこに乗れる人、乗れない人についての話でした。
が……、
ぼくは、つねに逆のことばかり考える癖がついている天の邪鬼なので、「悪いこと」こそが「楽しい」という場合……どうなるんだろう……ということばかり考えてしまった。
そう、誰かが「楽しもうぜ!」といっているときに、ふとぼくの脳裏によぎるのは「ヘル・レイザー」という映画。ヘル・レイザー [DVD]

究極の快楽を得られる謎のパズルボックス。たまたまそれをといたら魔界から魔導師があらわれて、人にひどことをしまくるというお話。
なぜそんな理不尽なことが起きるのか!? もちろんホラー映画だからだ!(そんなことわかってるよ!)……じゃなくて、ちゃんと理屈があって、実はこれ、魔界では快楽というのが苦痛のことなのです。
なるほど! 理に適っている!(魔界にも一応理屈はあるらしい)だが、まてよ……じゃあ魔界で「楽しもうぜ!」といってる人間がいたら、そいつは陰惨な拷問をされて「ちょまtぎゃー!」というわけか……フフフフ……はっ! ……じゃあ魔界で一番おもしろいゲームは「頭脳戦艦ガル」とか「たけしの挑戦状」ってことなのか……まてよ……じゃあドリカムの「嬉しい楽しい大好き!」とかAKBの歌とかは……(ry

▼モチベーションとインセンティブ

番組のなかで、モチベーション(気力)とインセンティブ(ご褒美)の話題がでたんですが、これはフリーランスには重要な話です。なぜならフリーランスという形態は、仕事をしたくない時は別にしなくていいからです。その点では非常に楽です。しかし、仕事をしないという事実がすでにモチベーションの低下を表しています。これがくせになるともはやインセンティブではどーにもならんのです! しかも元々モチベーションは下がっている……破滅に向かってXジャンプするしかないのか!? いや、あります! それが今回ぼくが提示した新たなる方法「神頼み」です。方法は部屋に神棚をつけるだけです(千円くらいですがオプション製品が必要なので三千円くらいは見ておきましょう)。ぼくの考えでは、この神棚というものは日本古来からのメンタルハックだと思います。

神棚 大神宮袖付

……というところまで番組で言いましたが、実はまだこの先が重要なのです。

そう、神棚には、使い方があります。多くの人は、もはや自分ではどうにもならないから無意識領域にアクセスして自分を超えたなにかに仕事をしてもらおう! というわけですが、この場合、まあだいたい失敗します。
だいたい現代の日本人にとっては、神棚だろうが仏壇だろうがなんでもかんでも メチャメチャに引き裂いてくれるアラスカ帰りのチェーンソーだろうが、それほど畏怖の対象としては機能しない。そんなものより、やはり身近な自分が愛しているものを崇拝すべきです。たとえば、ぼくのおばあちゃんの部屋には池田先生(たぶん貴族……じゃないかな)とヨン様が同じ位置に飾られていますが、これぞ現代のザ・信仰ですたぶんそう、ソーダ水の粒のように楽しそうな日々は流れ、かつて人はみんな無邪気な子供だったんだよ!(唐突に脳内のベンジーが叫びはじめました)

ちなみにぼくの神棚はこうです。

▼教育について

そして、今回はゲストの山内先生の教育現場の話が大変おもしろかった。
詳しくは、日経オンラインで連載している「10年後の教室」を読んでみてください。最新のテクノロジーやSNSを使った教育の未来と、今現在進行していることが書かれていてとてもワクワクする記事です。タイムリーなことに、今月発売の「WIRED」も教育特集をしている。

WIRED VOL.5 GQ JAPAN.2012年10月号増刊

 「学校」はいまどうなっているのか? VOL.05は、日本全国の親御さん/先生方必読の「教育」特集。
これはおもしろそう!

▼ほかには

楽しい、楽しくない、人間はどっちが普通なの? とかいうことを個人的に考えていたんだけど、これは「青春と読書」に連載してるエッセイ「土蔵」の第七回「楽観バイアス」というところで書いたので、興味があれば読んでみてほしい。

そんなわけで、またぜひ機会があれば参加させていただきたいと思います。
チャーリー、その他の参加者の皆様。スタッフの皆様。ありがとうございました!
ちなみに、参加者の方々の感想は以下、

常見陽平さん
「楽しくやろう」というけれど…冷静と情熱の間で仕事する

山内祐平さん
【エッセイ】”楽しくやろう”というけれど…

ラジオをきいたみなさんがどんなことを考えたのか、感想戦を読みたいので、こっそり書いて下さい。こっそり読みます。
ではではまた!

[`evernote` not found]

Posted in life感想戦, その他.

Tagged with .