Skip to content


土蔵第九回「バイオハッカー後編」

青春と読書

iPS細胞がにわかに盛り上がってますが、そんななか、土蔵も前回からタイムリーにバイオ関係の話をしております。これにて後半終了。
しかしバイオ関連はほんとにこれからが楽しみな分野です。バイオSFとしては『ブラッド・ミュージック』が面白かったなー、という印象があるくらいで、あまり好みではなかったのですが(むしろ苦手)。 なんか開拓の余地がありそうで、ぼくも勉強していきたいところです。

『青春と読書』 は毎月20日発売。定価:90円、お近くの書店のカウンターなどでお求め下さい。


[`evernote` not found]

Posted in 仕事, 告知, 随筆.