Skip to content


読者工学論第二回

contact

 「おもしろい」は読者にしかわからない。

ということで、物語を書きたい、物語を深く読みたい、そんな人たちと一緒にいろいろ考えるトークイベント「読者工学論」の第二回目の告知です。

物語工学論を経て、読者工学論へと至る道が示された前回でしたが、今回からは「読者の脳」を探るためにいろいろなゲストを招きます。

ゲストはこの方、

酒井邦嘉
言語脳科学者。東京大学大学院総合文化研究科教授。2002年第56回毎日出版文化賞、2005年第19回塚原仲晃記念賞受賞。『言語の脳科学』『科学者という仕事』(中公新書)や『脳を創る読書』(実業之日本社)などの著書がある。

 

脳を創る読書!テーマにピッタリ。
先日新城さんと一緒に研究室のほうへ伺ったのですが、非常に柔軟な考えの先生でした。
ミステリファンだそうなので、個人的にはそちらの話も是非伺いたい。
脳科学や言語の研究について聴きたいという人もぜひ。

今回は前回できなかった放課後放談を含めて長めにやりたいと思っています。
リアルで会話するのが苦手な人もツイッターの書き込みにレスる時間を設けるのでよろしく。

海猫沢めろん×新城カズマ presents
「読者工学論 物語を書く前に考える6つのこと」第2回(全6回)
ゲスト:酒井邦嘉
チケット予約→こちらから

前回はわりと駆け込みで席がなくなったので、ぜひ早めのチケット購入を。

 

新城さんの新刊「tokyo404」と海猫沢の「全滅脳フューチャー!!!」文庫版が並んでいるころなので、カフェで何冊か販売します。
あと、声をかけてくれればサインとか握手もしますんでお気軽に。

[`evernote` not found]

Posted in イベント, 告知, 読者工学論.