Skip to content


よんとも終了

「読んでいいとも!ガイブンの輪 第27回」ご来場ありがとうございました。

非常に勉強になりつつもネタももらい、今後の活動への原動力になった気がします。
ガイブンリテラシーが低いぼくですが、話しているうちに、案外ガイブンを読んでることに気づいた……。そういえば、以前、ユリイカの海外文学特集で翻訳小説とふたりのハウザーというエッセイを書いてました。

ちなみにぼくのガイブンの体験というのは、

・10代→ゲームブックから入ったてファンタジー。火吹き山の魔法使いとかウルティマ。あと好きだったのはアーク島年代記(誰もしらねえ!)。

火吹山の魔法使い ファイティング・ファンタジー (現代教養文庫)

・20代→新本格とSFばっかり読んでたので海外少なめ。一番好きなのは悪童日記かな。海外ミステリ・SFばらばらと。
悪童日記 (ハヤカワepi文庫)

・最近面白かったガイブン
言い忘れてたんだけどケリー・リンクは超いい。文庫で買い直すくらいいい。なんとなく思いつく限りだと、アサイラム・ピース、ペトロス叔父とゴールドバッハの予想、第六ポンプ、20世紀の幽霊たち、新訳地下室の手記。
スペシャリストの帽子 (ハヤカワ文庫FT) マジック・フォー・ビギナーズ (ハヤカワepi文庫) アサイラム・ピース ペトロス伯父と「ゴールドバッハの予想」 (ハヤカワ・ノヴェルズ)
第六ポンプ (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 20世紀の幽霊たち (小学館文庫) 新訳 地下室の記録

で、今回のテーマはイヤミスならぬイヤガイブンだったのです。

厭な物語 (文春文庫)ぼくが好きな安っぽくてバカっぽい小説というのは翻訳ではなかなかなくて、わりとシリアスなセレクトになったような気がします。
以下、セレクトした本。

町でいちばんの美女 (新潮文庫) 死んでいる (白水uブックス―海外小説の誘惑)血みどろ臓物ハイスクール

ブエノスアイレス食堂 (エクス・リブリス) 香水―ある人殺しの物語 (文春文庫)

『町で一番の美女』 、『死んでいる』、『臓物血みどろハイスクール』、『ブエノスアイレス食堂 』の五冊。対する豊崎さんのセレクトは、

贖罪〈上〉 (新潮文庫) 贖罪 下巻 (2) (新潮文庫 マ 28-4)

火葬人 (東欧の想像力) 終わりの感覚 (新潮クレスト・ブックス) ティモレオン―センチメンタル・ジャーニー (中公文庫)

『贖罪』上下、『火葬人』、『終りの感覚』、『ティモレオン』の五冊。これがですね……鬱すぎる!ぜんぶ鬱……。だけどオススメされないと読まなかったであろう本なので、読めて良かったですね、マキューアンは初期作品の病んだかんじが好きで、最近のなんか巨匠っぽい作品は敬遠してたんだけど読むとやっぱりすごいわ……このパワー。そしていちばん鬱になったのは『終りの感覚』の後半……これはつらい。

・厭なガイブンで紹介し忘れた本

完全に忘れてましたが、『ジャクソンヴィルの闇』を紹介したかった…….あと小説じゃないけど世界の奇オナニー死を集めた『デスパフォーマンス』は最高。他にも『異形の愛』とかちょっとしか話に出なかったけど傑作なんでぜひ(毎回読むと内容を完全に忘れてしまう俺……)。

ジャクソンヴィルの闇 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 213-4))デス・パフォーマンス―倒錯と死のアモク・ジャーナル 異形の愛

以上、非常に楽しかったです。
なお、次回ゲストは『ここは退屈迎えに来て』の山内マリコさんです。どうぞよろしく!

うーん、もっと時間かけてちゃんとガイブン読みたいなあ……。

PS 漫画とガイブンに詳しいひと! 漫画「百鬼夜行抄」のなかでどうもM・R・ジェイムズの短編にインスパイアされたものがあるそうなんですが、どの作品か知っているひといたらツイッターとかメールで教えて下さい。ずっと気になってる……。

M・R・ジェイムズ怪談全集〈1〉 (創元推理文庫)

[`evernote` not found]

Posted in その他, 日常, 雑記.

Tagged with , .