Skip to content


ダ・ヴィンチ10月号

今月のダ・ヴィンチブックウォッチの二冊はこれ!
『ロックの美術館』、と魔術師スカンクシリーズ3『スーサイドクラッチです。

ロックの美術館 スーサイドクラッチ 魔術師スカンクシリーズ 3 (星海社FICTIONS)

『スーサイドクラッチはじめ、江波光則さんは新刊が出るたびにどっかで紹介していますが、ほんとにいい。万人に勧められはしないけど、ぼくは好きなのでそれでいいのです。このシリーズも3作目でとりあえず完結。ぜひとも今、一気に読んでみてほしい作品ですよ。内容は表紙を見たとおりです!セックス、ドラッグ、バイオレンス……かーらーのー! 青春!青春!青春!
っつことで、もう一冊は……ん……??? あれ……おかしいな……なんか『ロックの美術館』既視感がないか??
あーっ……!!!!

http://uminekozawa.com/2013/08/da9/

ごめんん!先月なぜか紹介している!!!超まちがってた!先月本誌に掲載されたのは、

アルビノを生きる

『アルビノを生きる』と、

ラッセンとは何だったのか? ─消費とアートを越えた「先」

『ラッセンとは何だったのか? ─消費とアートを越えた「先」 』、だった。アルツが加速しているめろん先生です。たぶんもうご飯はたべたと思います。たぶん。

なにか大事なことを忘れている気がしますが、もういいです!ではまた!

 

[`evernote` not found]

Posted in その他, 仕事.