Skip to content


フランスの映画に出演しました

瀬戸内に浮かぶアートの島「直島」。
二年前に、フランスのClaire Laborey監督の撮影で、この島のドキュメンタリー映画が製作されました。ふだんはフランスのテレビ局でいろんなドキュメントを撮影されている方だそうです。
作品のタイトルは、「NAOSHIMA (Dream on the tongue)」。詳細はこちら

© Claire Laborey - Films de Force Majeure© Claire Laborey - Films de Force Majeure

Naoshima is a small Japanese island in the Seto inland sea hosting a fascinating contemporary art sponsoring project since the 90s. Urged by a businessman, museums and outdoor installations have grown in number on Naoshima, which was until then only populated by fishermen, farmers and workers, and affected by the post-industrial exodus, a decline in population and its local economy.

NAOSHIMA (dream on the tongue) is the exploration of this island, as a place for unexpected exchange between contemporary art, traditions, and everyday life. 8 km2 of a utopia as told by its inhabitants.

With the support of Région Ile-de-France, CNC, PACA Region, the Fondation Franco-Japonaise Sasakawa, the Fondation de France, the SACEM and the French Embassy in Japan

Visa n° 139 563 (67′) and 138 033 (52′)

French premiere at Festival International de Films de Femmes de Créteil

たまたま同時期にぼくも直島を訪れて「モネと冥王星」という小説を書き、群像に発表。
このことがきっかけで映画に少し協力することになりました。

今年のお正月に完成したフィルムが監督から送られてきたのですが、始まった瞬間にぼくが出てまして、語り手というか、世にも奇妙な物語におけるタモリ的ポジションになっておりました。
(ぼくの朗読はさておき)いや、こうして映画になった直島を見ると本当に素晴らしい。またこの島を舞台に小説を書きたいですね。

映画の成功を日本から祈っています。なんとか今年、モネを本にしたいところ。

というわけで、映画のトレーラーはここで見られます。日本でも公開されるのかな?

Trailer – NAOSHIMA (Dream on the tongue) (EN) from Films de Force Majeure on Vimeo.

[`evernote` not found]

Posted in その他, 仕事, 告知, 小説.

Tagged with , .