Skip to content


熊日文学賞受賞、そのときめろん先生は……

▼Noteより抜粋

 

2018/01/26
夕方に熊本日日新聞の記者さんから電話。
前にエッセイなどでお世話になっているので、なにか仕事かと思い電話をとる。

「あのですね。いま選考会が終わりまして」
「えっ? 選考会?」
「『キッズファイヤー・ドットコム』が熊日文学賞に選ばれました」
「……え?? ていうかいつ候補になってたんですか」
「あれ? 知りませんでしたか?」
「ぜんぜん知らなかった……」
「いまもしかして東京に……」
「そうですね……」
「あーそれは……どうしよう……じゃあ今から電話でコメントもらっていいですか?」

というわけで急遽受賞コメントをとる。
式自体は2月の中旬なので参加できるんだけど、いやあ……びっくりしたなあ。
熊日文学賞は何年か前に坂口恭平くんが取っていたので知っていたんだけど、そうか……熊本在住者が条件だから候補になったのかあ。
野間文芸新人賞は落ちてたから、これは嬉しい知らせ。やったーー!

 

というわけで『キッズファイヤー・ドットコム』が、第59回熊日文学賞を受賞しました。

熊日文学賞に海猫沢めろんさん 生と死の問題、現代的に

野間文芸新人賞のほうはのがしたので、これはありがたい。

しかも選考委員に梶尾真治先生がいらっしゃったんですね。ということは、授賞式でお会い出来るということなのか……エマノンとか、SF読みなら必ず読んでいる名作ですからね。感慨深いです。

さらに頑張ります!

熊本のみなさん、まだ『キッズファイヤー・ドットコム』読まれてなかったらぜひ買って読んでみてください(三年坂TSUTAYAか、長崎書店さんにはあるはず!)。
街でぼくを見かけたらお気軽に声かけてください!

noteのほうで日々の雑記を更新しているのでたまにのぞいてみてください。

さらに2月には北九州のほうでこんなイベントもございますので、よかったら遊びに来てください。
チケットが……もうないかもですが、問い合わせてみていただければと!

 

[`evernote` not found]

Posted in その他, 仕事, 小説.

Tagged with .