「日常」カテゴリーアーカイブ

よんとも終了

「読んでいいとも!ガイブンの輪 第27回」ご来場ありがとうございました。

非常に勉強になりつつもネタももらい、今後の活動への原動力になった気がします。
ガイブンリテラシーが低いぼくですが、話しているうちに、案外ガイブンを読んでることに気づいた……。そういえば、以前、ユリイカの海外文学特集で翻訳小説とふたりのハウザーというエッセイを書いてました。

ちなみにぼくのガイブンの体験というのは、

・10代→ゲームブックから入ったてファンタジー。火吹き山の魔法使いとかウルティマ。あと好きだったのはアーク島年代記(誰もしらねえ!)。

火吹山の魔法使い ファイティング・ファンタジー (現代教養文庫)

・20代→新本格とSFばっかり読んでたので海外少なめ。一番好きなのは悪童日記かな。海外ミステリ・SFばらばらと。
悪童日記 (ハヤカワepi文庫)

・最近面白かったガイブン
言い忘れてたんだけどケリー・リンクは超いい。文庫で買い直すくらいいい。なんとなく思いつく限りだと、アサイラム・ピース、ペトロス叔父とゴールドバッハの予想、第六ポンプ、20世紀の幽霊たち、新訳地下室の手記。
スペシャリストの帽子 (ハヤカワ文庫FT) マジック・フォー・ビギナーズ (ハヤカワepi文庫) アサイラム・ピース ペトロス伯父と「ゴールドバッハの予想」 (ハヤカワ・ノヴェルズ)
第六ポンプ (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ) 20世紀の幽霊たち (小学館文庫) 新訳 地下室の記録

で、今回のテーマはイヤミスならぬイヤガイブンだったのです。

厭な物語 (文春文庫)ぼくが好きな安っぽくてバカっぽい小説というのは翻訳ではなかなかなくて、わりとシリアスなセレクトになったような気がします。
以下、セレクトした本。

町でいちばんの美女 (新潮文庫) 死んでいる (白水uブックス―海外小説の誘惑)血みどろ臓物ハイスクール

ブエノスアイレス食堂 (エクス・リブリス) 香水―ある人殺しの物語 (文春文庫)

『町で一番の美女』 、『死んでいる』、『臓物血みどろハイスクール』、『ブエノスアイレス食堂 』の五冊。対する豊崎さんのセレクトは、

贖罪〈上〉 (新潮文庫) 贖罪 下巻 (2) (新潮文庫 マ 28-4)

火葬人 (東欧の想像力) 終わりの感覚 (新潮クレスト・ブックス) ティモレオン―センチメンタル・ジャーニー (中公文庫)

『贖罪』上下、『火葬人』、『終りの感覚』、『ティモレオン』の五冊。これがですね……鬱すぎる!ぜんぶ鬱……。だけどオススメされないと読まなかったであろう本なので、読めて良かったですね、マキューアンは初期作品の病んだかんじが好きで、最近のなんか巨匠っぽい作品は敬遠してたんだけど読むとやっぱりすごいわ……このパワー。そしていちばん鬱になったのは『終りの感覚』の後半……これはつらい。

・厭なガイブンで紹介し忘れた本

完全に忘れてましたが、『ジャクソンヴィルの闇』を紹介したかった…….あと小説じゃないけど世界の奇オナニー死を集めた『デスパフォーマンス』は最高。他にも『異形の愛』とかちょっとしか話に出なかったけど傑作なんでぜひ(毎回読むと内容を完全に忘れてしまう俺……)。

ジャクソンヴィルの闇 (ハヤカワ・ミステリ文庫 (HM 213-4))デス・パフォーマンス―倒錯と死のアモク・ジャーナル 異形の愛

以上、非常に楽しかったです。
なお、次回ゲストは『ここは退屈迎えに来て』の山内マリコさんです。どうぞよろしく!

うーん、もっと時間かけてちゃんとガイブン読みたいなあ……。

PS 漫画とガイブンに詳しいひと! 漫画「百鬼夜行抄」のなかでどうもM・R・ジェイムズの短編にインスパイアされたものがあるそうなんですが、どの作品か知っているひといたらツイッターとかメールで教えて下さい。ずっと気になってる……。

M・R・ジェイムズ怪談全集〈1〉 (創元推理文庫)

[`evernote` not found]

瀬戸内にいってきた

二日間、瀬戸内にお邪魔していろいろな方々とお話をしてきました。
いやーおもしろかった!
小さなイベントでしたがみなさん非常に雰囲気がよくて、ぼくの知らない瀬戸内の話をしてくれたので、これはぜひまた作品に活かさなくては……という気分になりました。

一日目は宇野港にあるゲストハウスlitのシーフードカレーがやたらうまかったことと、fiftの五十嵐さんのお店の美しさ、てしまのまどの安岐理加さんのお話などが印象的でした。

二日目は直島を舞台にしたフランスのドキュメンタリー映画の撮影でインタビューを受けたのですが、これが思っていたよりも濃密。1時間くらいしゃべって終わりかとおもったら「小説を読んでくれませんか?」と言われ去年書いた「モネと冥王星」の一節を朗読することに(恥ずかしすぎる……)。午前中の10時半から夕方の6時までインタビューと撮影。さらに夜、向島集会所に渡って座談会が開かれたのですがここにもカメラが入り、まる一日撮影という恐るべし長丁場。監督のラボレーさんはつねに笑顔なんですが「今のところもう一回いいですか?」「それはどういう意味ですか?」「もっと詳しくお願いします」「もっと詳しく」と妥協しない姿勢とタフさがすごい。見習わなくては……。スタッフの皆様どうもお疲れ様でした。来年の完成を楽しみにしてます(たぶん5分くらいしか写ってないと思うのだが!)。
向島の座談会では中学生のリアルと、島育ちの感覚、移住者の意見など、それぞれの立場からの話がおもしろかったです。
帰りはあいにくの雨でしたが、ふだん見られない島の海に降る雨がきれいでした。

さて……さきほど東京に戻ってきて完全に時間感覚が鈍っているんですが、週末は豊崎さんとガイブンについてお話をします。イヤミスの流行に便乗してイヤガイブンについて。

詳しくは→こちらhttp://www.tokyodoshoten.co.jp/blog/?p=4903)。

[`evernote` not found]

近況など

バージンパンケーキ国分寺

ついに六月に入り、今年も半分が終わろうとしておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

先日の雪舟えまさんとのトーク、無事終了しました。雪舟さんは小説のとおり、すごく不思議な方でした。初対面に加えてお客さんとの距離が近く、なんだかすごい緊張。少人数のイベントだったのですが、いろいろとお話しを聞けてとても楽しいひとときでした。もっとお客さんにも質問などをしてもらえばよかったな、とあとで思ったんで、次回あればぜひみなさんにも参加してほしいと思います。

最近すごくイベントの仕事が多いのだけれども、もともとぼくは人前に出るのがわりと苦手です。いや超苦手。大嫌いでした。
初めて人前で話したのって、たぶん6年か7年くらい前。とある大学で創作についての講義を、ということで話したのですが、これが目も当てられぬ悲惨な状況で、まったく話せない、人の目を見ない、何を云ってるのかわからない、おまけに生徒にまで文句言われる始末、という、思い出すだけでトラウマなんですが、あまりに恐怖すぎて逆に「これは一生トラウマになる!」と思って、「むしろやろう!」と思い、いろいろと人前に出る訓練をしたところ、最近ようやく馴れてきました。俺はトラウマを克服した!やればできる!すげー!(……というか、いっつもある一定の経験値が溜まると、めんどくさすぎてブチギレて居直ってどうでもよくなる)。

今月は水曜にブックショップユトレヒトの店長江口さんのワークショップにゲスト参加し、瀬戸内のほうにお邪魔して地元の方々とお話しさせていただいたり、豊崎由美さんとガイブンについて話したり……と、トークイベントがまだありますが、7月あたりからはだんだん減っていく予定です。なぜなら小説を書くから。書かないとヤバイから。怒られるから。死ぬから。なんで俺がガルガンティアの主役じゃないのかいつも考えている毎日です。薄い本ください。そろそろ小説へのイミフメイの怒りが溜まってきて爆発寸前だから。なんで怒ってるのか自分でも良く分かりませんが、とにかく人生に飽きてきたらからそろそろ転生します。

はい、転生したぼくがお送りします書評のお知らせです。原田マハさんの『ジヴェルニーの食卓』が共同通信で配信されているかと。なので地方の人は読んでるかも? 美術館でiPodのショボイやつみたいなアレを借りて絵を見るのが好きだけど、もっと説明してくれ!な俺に優しい小説でした。そして今月の文學界には阿部和重さんの『□』書評(すいません!やっちまいました……書評のなかで「すべからく」の誤用があります。謹んで読者にお詫び申し上げます。みんなは間違えないでね)。『□』は書評を書いたあとに著者インタビューが公開され超あせりました……。この作品は先入観なしで読んで欲しいですね。

ジヴェルニーの食卓□ しかく

よし、来世もがんばろう。

[`evernote` not found]

がん検診

俺、先日14日が誕生日だったんだけど、なんかプレゼントに「がん検診セット」なるものが送られてきて、さっそくやってみたんだけどランセットとかいう指刺して血とるやつが超恐いからみんなに見せるよ。

こえええ!なんかわかんないけどこえええ!

写真 (3)

おかしい……何回やっても血がでない!

そんなとき、ふと気づいた……この黄色いやつ……キャップじゃね?

!?

写真 (4)

外してやったら……。

痛っ……ていうか……痛っ……痛い!血出た血!

針かと思ってよく見ると、先端はカッターナイフの小さいやつみたいなかんじだった。

ていうか動画あったわ……。

[youtube]http://youtu.be/vY9HsXn60mE[/youtube]

ランセットって言葉を忘れそうだったけど、なんかこれで覚えられそうな気がする。

なんか、アメブロの芸能人ブログみたいに他愛のないことを投稿してみたくなったのでやってみたけど、予想以上に心が空虚になった。一日に三回とか更新しないとこの空虚さは埋まらないのだろうか。

……めんどくせえ。

[`evernote` not found]