「エロゲ」タグアーカイブ

霊的動画批評まとめ

そんなわけで、クイックジャパンに連載されていた霊的動画批評の掲載が完了。当時のことを思い出しても、貧乏すぎて毎日パンの耳を食べていたとか、デイトレードで壊滅的な経済的損失を受け、そろそろ家がなくなってやばいとか。あまり今と変わっていません。まとめて見たい方は以下で。

http://uminekozawa.com/category/売文保存庫/霊的動画批評/

[`evernote` not found]

霊的動画批評最終回「デモンベイン」

▼悠久の太古、この地球には忌まわしき旧支配者が君臨していた。彼らは神秘の力とその忌まわしき姿ゆえに封印され、いつしか魔道書の内奥に秘密として語られながら、邪神として畏怖される存在となった。だがしかし、彼らは未だこの地球の支配権を奪還せんと復活のときを待っている……。20世紀最悪の恐怖小説家HPラヴクラフトの作品に端を発する「クトゥルー神話」はこのような妄想から始まった。だがしかし……私は知っている。これが真実であるということを!くわっ!読者諸君目覚めよ!アニメを心の目で霊的な角度から批評してきたこのコーナー〈霊的動画批評〉だが、もう時間がない。今月よりあのクトゥルーアニメ「機神咆吼デモンベイン」が始まってしまった。こんなにも早くやつらがこのコーナーに気づくとは!

▼手短に話をしよう。実は自分は並行宇宙からやってきた海猫沢めろんの同一存在である。読者を戦士として目覚めさせるため、このコラムを開始、サブリミナルで覚醒言語を散りばめておいたのだが、どうやら先にやつらに見つかってしまった。各自あとでアナグラムやフィボナッチ数列を駆使しコラムの秘密(めろんコード)を解明してほしい。

▼アニメ「機神咆吼デモンベイン」の舞台は科学とともに魔術理論が進歩した世界。魔導技術の進歩によって繁栄を極めたアーカムシティは、凶悪な大魔術師率いる犯罪結社ブラックロッジに脅かされていた。そこでアーカムシティの守護者・覇道財閥は、邪悪な力に対抗すべく、超魔術ロボデモンベインを製造。いろいろあってかっこいいヒーローがそれに乗って戦うという、そんなかんじのストーリー。もちろんこれがそのまま真実なのは疑う余地もない。宇宙人の事実をいつまでも隠している米国を見れば分かるように、真実はフィクションによって隠蔽される。

▼ところであらすじでは書かれていないが、デモンベインのヒロインはあの、伝説の魔道書「ネクロノミコン」なのである!おお……なんということか、クトゥルー神話の生みの親であるラヴクラフト先生も草葉の陰から歯噛みしてこの状況を見守っておられることであろう!まさか極東の果てがこんなことになろうとは!命がけで邪悪な魔道書の存在を明らかにしたラヴ先生の努力が水の泡である!いまや邪悪なる教義を信奉する邪教信者どもが秋葉原で胎動しつつある……自分は彼らと戦うためラヴ先生の一番弟子としてこのコーナーを続けてきたというのに無念!いあいあ!ふんぐむるなう!あにめ!もえもえ!ひゃはははははぁっぁ!きき気づかれてしまった!見てるんだろ!おまえ!おまえらだよ!こっち見るんじゃねえよ!!!外宇宙から巨大な原色髪の萌えキャラがオレの脳味噌の皺の間に入り込み現実を操作しているっ!バーチャルリアルリアリテイィ!やっぱりそうか!クィックジャパンとかって最初から誌名がおかしいと思ってたんだよ……クィックでジャパン……早い日本……早いといえばシャブだろ……シャブ日本ってことだろ。知ってたよ知ってたよ……もちろん。日本をシャブ漬けにするつもりか。そうなんだろクィックジャパン!この原稿も載せないつもりなんだろ!そう簡単にオレを殺せると思うなこんなヘボコラム書いてるからってばかにすんじゃねえオレだって魔道書くらい持ってるんだよああ?疑ってんのか!これだよこれ!現代の語り部Yoshiによって記された究極の魔道書『Deep Love』……「ネクロノミコン」なんてメじゃねえんだよ……もちろん鬼械神だって召喚できるぜ……名前?名前か……「パオ」だよ……犬だからって侮ると痛い目に遭うぜ!どっからでもかかってこいよ!か、かかってこい!オラ!緑色に光ってんじゃねえぞコラァ!見てろよ、いまからこいつを電子メールだ……いくぞ……行くぞ電子メール……これで明日の新聞おまえらのこと載っちゃうぞ……そう゛ぉうえう゛ぉうびぃいば

※この原稿が送られてきた後、めろん先生の自宅が火災で焼失するという事件が起こりました。現在先生は行方不明です。担当者が警察に届け出を出しておりますが、心当たりのある方は編集部までご連絡ください。なお、緊急事態につき連載は今回で終了とさせていただきます。短い間の応援ありがとうございました。

 


初出:QuickJapan

みなさん応援ありがとう!呪う!

[`evernote` not found]

エロゲーの作り方

▼エロゲーとは?
エロゲーとは主にPCゲームの世界で18禁、アダルトソフト、に指定されれているものの通称である。
ジャンルは巷のゲームと同じように様々な形だが、主に会話と絵に頼ったアドベンチャーゲーム・ビジュアルノベル(「紙芝居」を想像して頂きたい。画面に絵と文字が表示されて物語が進んでいくのだ)が大多数である、そんなわけで、ここではエロゲーの中でもこのジャンル=テキスト型のエロゲーに絞って話を進めたい。

▼その代表的ソフト
まず、テキスト型エロゲーの古典を学ぶ意味でも、8ビット時代のものをいくつかプレイしておこう(「韋駄天 いかせ男」「道鏡」「オランダ妻は電気ウナギの夢を見るか」など)。



システムがすごい「韋駄天いかせ男」

歴史ポルノ「道鏡」
シブサワコウを支えた「オランダ妻」


これらは人類文化発生時におけるアルタミラの壁画に匹敵するエロゲー文化遺産だ!(ただしグラフィックもアルタミラ壁画と見分けがつかないかも知れない)数十色のパレットとドット打ちでオールド・エロ・ゲイマー(略してOEG)の股間を刺激していた職人たち……彼らは本当に同じホモサピエンスだったのだろうか? 常軌を逸した技術だ。現代人視点では単にバグっているとしか思えないガタガタのCGで自家発電を繰り返していたOEGたちの、もはや幻視とさえ呼んでも過言ではない超越したイマジネーションにはただ圧倒させられる。今ではトラウマだ(註筆者もOEGです)。

▼その消費構造

主に小説や映画は「世界観」「物語」「登場人物」これら三つが絡みながら抽象的(単純)感情を喚起する運動であるのに対して、エロゲーは「物語」「絵」「システム」を軸に性的欲望を喚起させる運動であると言える。同じ映像作品でも「映画」と「AV」は、前者が「物語」重視、後者が「実用」重視、というように、普通は非常に明確に差異化されているが、エロゲーは「物語」と「機能」の垣根が非常に曖昧である。「映画」のように物語重視の作品もあれば「AV」のように「実用」的なものもある。しかし……その両方に共通して言えることがある。それは、多くのエロゲーユーザーは「キャラクター」を欲望しているということだ!

▼なぜキャラクターが重要なのか?
それは売り上げに関わってくるポイントだからだ。物語と世界観、機能だけではエロゲーは売れない。なぜならエロとはそれ単体で存在するものではなく主体であるキャラクターに付随しているものだからである。一般向けに作ってもまったく何の問題もなかったであろう作品がなぜ18禁というジャンルで作られるのか? その理由もここにある。つまりはあるキャラクターに対しての愛情(萌え・愛・恋)とはつまるところ、所有(されたい/したい)欲なのである。そしてキャラクターに対する所有欲は、成人男性の多くにとっては性的行動をもってピークを迎える(実際はさらに深い無間地獄のような中毒的所有欲を駆り立てるのだが……)。キャラを所有したいという欲望が消費につながる。

つまりヒットするエロゲーを作るには、まずキャラクターを作らなければ話にならない!

▼How to エロゲ!というわけでまず紙と鉛筆を用意。

1)キャラクター原案をつくろう!

エロゲーは小説とは違う。なににおいてもまずは、キャラを作る。簡単だ! パクろう! ヒットしているキャラの要素を組み合わせれば良い。たとえば「普通の人間には興味がなくてツンデレで服装はキリン装備」「貧乳であることに開き直り魔法を使って5人で変身する」という具合だ。ヘンにひねると脱臼してしまうので、ストレートに行こう。「エロい猫型宇宙人の姫」とかでいいかも知れない。動物ならすべて発情期ということしておけば、ほぼ間違いない。キャラが多いと忘れがちなので、こういった表をエクセルで作っておこう。
文句を言われたらウィリアム・バロウズやアンドレ・ブルトンを引き合いに、カットアップの思想についての蘊蓄を垂れ流そう。めんどくさかったら一言「ポストモダンだから」と言えばOKだ!

2)ビジュアル化しよう!

さて、あなたの考えるキャラクターはできた。ではそれを具体的なグラフィックにしよう。ジャンプやマガジンに描いている一線級の一流絵描きさんに電話をして「ぼくの考えたエロゲのキャラクタを描いてください」と頼めばOK。これであなたのエロゲは99%完成だ。絵描きさんを捕まえられなければ、あなたが自分で書け。簡単だ。エロマンガをトレースするか、WEBでキャプチャした画像を加工するのだ。突っ込まれたら「コラージュ作品だから」と言えばOKだ!

3)ストーリーを考えよう!

ここで物語を考えるが。「TYPE-M●●Nみたいなすごいテキスト量の大河ドラマを!」とかいうのは却下だ。初めてエロゲーを作る方々は、もっと実用的な方向でお願いします。場所移動があまりないほうが良いであろう。家の中や学園で、エロいことをするだけのお話とかで良い。必然的に主人公は引きこもりのニートになる。ゼロ年代としては時代遅れの感がある主人公らしいので、テキトウに今風の主人公設定を取り入れて実は革命を起こそうとしている王子ということにして、なんだかわからないけれど時代に便乗してる感を演出そう。わからなければあなたが主人公でOKだ!

4)カット指定しよう!

シナリオが書けたら、キモとなるエロシーンを書く前に、絵の枚数や種類を指定をしなければならない。これは絵描きの負担を減らすとともにユーザーの満足度に貢献するためである「また似たような絵だよ……」と思わせてはいけない。これも表にして体位やプレイ内容などを表にしておこう。
48手×カメラアングル=∞の発想だ!

5)プログラム&パッケージをしよう!

とりあえず絵とテキストがあれば、システムはいくらでもなんとかなります。なんとかしてください!

▼実演

さて、マニュアルだけでは分かりづらいので、実際にこのメソッドを使った実例を見てみよう。

あなたはある日、とあるエロゲー雑誌の付録、ミニシナリオ付きゲームの仕事を依頼された。
まず、キャラクター原案だ。三人の女性キャラを作ることになった。ここで問題なのが、という数字である。世間でなじみ深い3といえばもちろん三国志である。キャラクターはそれぞれ魏呉蜀、ということにしよう。名前は春夏秋にちなみ「八魏ちあき」「浅呉なずな」「蜀井はるこ」なんだかわからないけど、とりあえず属性を「妹」「おどおど」「謎」とかにふりわける。これでキャラクターは完成だ!
次にビジュアル化。あなたは絵が描けないので、絵描きさんに特徴を伝えるためにさらに分かりやすい属性をつけた。三人……三……といえば「陸」「海」「空」そうです、地底人、海底人、宇宙人! シンプルイズベスト!
ストーリーはとりあえずよくわからないけど恋愛。女の子は主人公のことが好きなのだから、地底とか海底とか宇宙とかに連れ去れるのに抵抗するような、しないような、そんな話でいいです。考えた結果こういうものに。

・蜀井はるこ=妹で地底人

孤児が大富豪の娘だったという19世紀ゴシックロマンの世界ではありがちなように、妹が地底人であったということは最近でもよくあることだ。ユーザーにとっても親近感や共感を呼びやすい。ラストはマグマの海で燃え尽きる!

・八魏ちあき=謎の宇宙人

年々増える宇宙人のアブダクションは警視庁も調査に力を入れている事件である。こういうテーマは社会派ストーリーに陥りがちだが、あえてクライマックスで大気圏に突入しながら性行為をすることによって従来の常識を覆すものに!

・浅呉なずな=年下の海底人

お盆のシーズンは海底人の独壇場。少々食傷気味だが、テーマによってはまだまだ料理できる。とりあえず海底人といえば触手。触手といえばクトゥルーである。ラストは海底火山の噴火による古代帝国の復活!(←後の「崖の上の●ニョ」である。註:嘘です。)
カット指定は眠りながらやり、プログラム&パッケージは、なんとなく終わった。完成だ!

———————

注:危険ですので絶対真似しないでください。

———————

註:数年前に制作された「ぷに☆ふご~」の雑誌付録用のものは、このアイデアで制作されていますが、筆者は健忘症のため、キャラの名前や設定が違っている可能性があります。興味があればヤフオクとかファイル交●ソフトで勝手にしやがれ。

(初出:2008年 11月号 スタジオボイス)

[`evernote` not found]

京都SFフェスティバル続報

▼追加ゲストが決まりました

先日お伝えした京フェスのイベント「 SFメディアとしてのビジュアルノベル」ですが、豪華な追加ゲストがお二人も参戦ということで海猫沢、心の三大エロゲメーカーの一つ「ニトロプラス」(残りふたつはKeyアリス)の鋼屋ジンさん、小説家の樺薫さんです。鋼屋さんは言うまでもなく「デモンベイン」をてがけたヒットメーカーであり、樺薫さんは先月講談社BOXより新刊『ぐいぐいジョーはもういない』が発売……が、海猫沢的にはガガガ文庫デビュー作『めいたん』デスヨ。これはあきらかに笠井潔の探偵小説論をラノベ的に落とし込むという意図に基づいている……俺にはわかるぞジョジョ!すいません妄想かもしれません!でもすんごい前にお会いしたときそこんとこツッコんだら同意してくれた気がするんです!というわけで最終的なメンツは樺薫( @K_cumberland )、前島賢( @MAEZIMAS )、伊藤ヒロ( @itou_hiro )、海猫沢めろん( @uminekozawa )、鋼屋ジン( @J_hagane )でお送り致しますのでなにとぞコンゴトモヨロシクオネガイイタシマス……。

SFメディアとしてのビジュアルノベル

企画案内
SF というジャンルは、小説、映画、アニメ、マンガとさまざまな媒体で描かれてきました。「音声や映像とともに文字を読むゲーム」であるビジュア ルノベルは、主に「美少女」「萌え」といった点が注目されがちですが、実は、十数年にわたり、数多くの優れたSF作品を送り出してきたメディアでもありま す。今回は現役のシナリオライターならびにシナリオライターの経験を持つ作家の方々をお招きし、「SFメディアとしてのビジュアルノベル」という切り口か ら、ジャンルの展望、今後の創作活動などについて語っていただきます。
司会にはライターの前島賢氏を予定しています。

出演者/プロフィール(敬称略)
伊藤ヒロ
フリーで活躍中のシナリオライター。代表作に 『R.U.R.U.R ~ル・ル・ル・ル~このこのために、せめてきれいな星空を』「ク・リトル・リトル」シリーズなど。2010年6月に一迅社文庫から『アンチマジカル~魔法少女禁止法~』を刊行。

海猫沢めろん
1975年大阪府生まれ。 小説家。PCゲーム『ぷに☆ふご』および同作品のノベライズ『左巻キ式ラストリゾート』でデビュー。代表作に『零式』『全滅脳フューチャー!!!』など。

鋼屋ジン
1976年生まれ。ニトロプラスのシナリオライター。代表作に「斬魔大聖デモンベイン」「機神飛翔デモンベイン」「竜†恋」など。

樺薫
1980年。美少女ゲームシナリオを経て、2007年8月に『めいたん』で小説家デビュー。別名義で評論系の同人活動を行うなど、幅広い活躍を見せる。2010年9月には『ぐいぐいジョーはもういない』を刊行。

前島賢
1982年茨城県生まれ。『SFマガジン』『ドラゴンマガジン』などで、SF、ライトノベルを中心に活動中。著書に『セカイ系とは何か? ポスト・エヴァのオタク史』。

時間
15:50~17:00

※詳細は京都SFフェスティバル2010まで!

[`evernote` not found]