「仕事」タグアーカイブ

ユリイカ*特集「貴志祐介」に論考

▼花粉が……

すさまじいゆえ、激しく頭がはたらかない海猫沢ですが、久しぶりにユリイカに執筆させていただきました。今回は『悪の教典』に続き『ダーク・ゾーン』を上梓したばかりの貴志祐介さんの特集です。いきなり巻頭対談が貴志祐介×町田康と、意外な組み合わせになっていて興味深いです。私は『悪の教典』についての論考と、初期プロットのコメントを担当しております。この初期プロット、実に原稿用紙にして300枚近くあったので(笑)抜粋となっていますが、プロットから小説を書こうとする方は参考になるかと思いますので一読してみてください。内容は以下。

特集=貴志祐介 『黒い家』『硝子のハンマー』『新世界より』『悪の教典』『ダーク・ゾーン』・・・エンターテインメントの革新

【対談】
「引き返し不能地点」 から小説ははじまる / 貴志祐介×町田康

【恐怖と悪と小説の教授(プロフェッサー)】
秘められた情熱 / 田辺青蛙
『悪の教典』、ポスト金八先生の時代 / 海猫沢めろん

【創作の舞台裏】
『悪の教典』 NOTE 初期プロットより / 貴志祐介 [コメンタリー=海猫沢めろん]

【ジャンルを内破するエンターテインメント】
統合された新しさ 『悪の教典』 を戦争小説として読む / 陣野俊史
ジャンル理性批判 ホラー的ハイブリッド小説 『新世界より』 を中心に / 中沢忠之
情に棹させば騙される貴志祐介ミステリ / 杉江松恋

【インタビュー】
荒唐無稽とリアルさの交点 小説を読む愉しみ、書く歓び / 貴志祐介 [聞き手=杉江松恋]

【貴志祐介アナリシス】
親しげでいかがわしいものたち 『十三番目の人格(ペルソナ)ISOLA』 と世紀転換期の日本 / 千野帽子
『黒い家』 に困る / 東雅夫
存在論的なまどろみの中で 『天使の囀り』 を読む / 横田創
デスゲームはゲームたりうるか? 『クリムゾンの迷宮』 が予示していたもの / 米光一成
社会の体感不安の申し子 『青の炎』 の 「青さ」 のダークサイド / 円堂都司昭
『硝子のハンマー』 の両義性 本格とミステリのあいだ / 蔓葉信博
もうひとつの、No Man’s Land 『新世界より』 を読む / 小谷真理
これからの 「悪」 の話をしよう / 伊藤氏貴
過剰なる隠喩と解釈可能性の悪夢 『ダークゾーン』 の恐怖について / 藤田直哉

【資料】
貴志祐介全著作解題 / 小田牧央・酒井貞道・蔓葉信博・藤田直哉
『十三番目の人格(ペルソナ)ISOLA』 角川ホラー文庫、1996/角川書店、1999(「ISOLA 十三番目の人格(ペルソナ)」 と改題)
『黒い家』 角川書店、1997/角川ホラー文庫、1998
『天使の囀り』 角川書店、1998/角川ホラー文庫、2000
『クリムゾンの迷宮』 角川ホラー文庫、1999
『青の炎』 角川書店、1999/角川文庫、2002
『硝子のハンマー』 角川書店、2004/角川文庫、2007
『狐火の家』 角川書店、2008
『新世界より』 講談社、2008/講談社ノベルス、2009/講談社文庫、2011
『悪の教典』 角川書店、2010
『ダークゾーン』 祥伝社、2011

なにとぞよろしくお願いします。

[`evernote` not found]

『愛についての感じ』発売中

▼そういうわけで

今日から発売になりました。わりと都内に配本が集中しているので、地方の方にはなかなか手に入りづらい状況となっております。すいません、書店注文かAmazonにてよろしくお願いします。 それと、POPを用意しましたので書店関係者の方は恐れ入りますがこちらからダウンロードして使ってください。

収録されている五篇、ともに思い入れのある作品です。文芸誌に書くときに、「舞台は現実」「なんとなく愛だ」というしばりを設けていたのですが、思った以上に文体も物語もバリエーションがあるものになりました。今回はSF的要素もタイポグラフィも使わずに書いているので、まあ、肩の力を抜いて楽しんでもらえるとよいなーと。あまりハッピーエンドに縁がないので、さみしさがにじみでているかもしれませんが、それでも少し笑ってもらえたら。
世の中の人はよく「真面目にやる」、ということと「ユーモアを排除する」、ということを混同しがちなんだけれど、そのふたつはぜんぜんちがうことで、真面目にユーモアを持って生きるということのほうが難しくて、そっちのがとても重要に思えます。
単なる天の邪鬼だと思われがちな私ですが(まったくそのとおりなんだけれど)、どんな過酷で辛いときでも、深刻になどならずに世の中をナメていたいものです(あばばばー)。

ああそうそう、ところでみなさん気づかれましたか? 帯のコメントは、なんと……私の大好きな歌人、穂村弘さんにいただきました。ひぎぃ!(泣)穂村さんの世界音痴なエッセイや、ユーモアと哀しさが同居した短歌が好きな方々なら、きっと楽しんでいただける小説なんじゃないかなあと、そんな風に思ってます。
装画は市川春子さん。『虫と歌』がすごく素敵な短編集だったので、2010年のマンガ大賞で、は僭越ながら一票いれさせて頂きました。まさか自分の本の表紙を飾っていただけることになるとは。なむなむー。市川さんの描く日常がお好きならきっとこの小説も楽しめます(クレームは地面に穴を掘ってそこへお願いいたします)。
装丁は、名久井直子さん@情熱大陸。任せて安心、信頼の職人技。名久井さんの装丁本で一番読んだのは、いなたい路地裏の雰囲気漂う、なるさんの『歌舞伎町のミッドナイト・フットボール―世界の9年間と、新宿コマ劇場裏の6日間』なんと表紙カバーがポスターになるというギミック。今回の本はギミックこそありませんが、とても美しい繊細な仕上がりになっており、触れると壊れるので書店で見かけても買わないでください。拝むだけでよろしくお願いします。三礼・三拍三回お辞儀をして、三回手を叩きましょう。お賽銭を忘れずに。きっと御利益があることでしょう。そのまま巣鴨の高齢化ゾーンに飛び込み無縁社会を生き抜きましょう。ゲットワイルド!いま会いたくて震えてます。なにを言っているのかわからないのでさようなら。

[`evernote` not found]

新刊『愛についての感じ』予約開始

▼お待たせしました

Amazonにて新刊『愛についての感じ』の予約がはじまりましたー。
書影と内容は以下。それでは、講談社のイケメン編集者Sさんが書いてくれたコピーと紹介文をどうぞ!

『愛についての感じ』 講談社(刊) ¥1,680
装画/市川春子 装丁/名久井直子
愛についての感じ

『群像』『新潮』『すばる』『文學界』
四つの文芸誌で発表した作品五篇をまとめた初の作品集。

「初恋」
誰からも名前を忘れられた男の、淡く儚い恋の物語。

「ピッグノーズDT」
道で倒れていた女性を助けてから、僕の恋(=脱DT)が始まったと思ったけれど……。

「シュガーレイン」
帰らぬ誰かを待ち続ける幼い兄妹のもとに表れた、ひとりぼっちの闖入者。奇妙な共同生活を始めた三人は、やがて――。

「オフェーリアの裏庭」
とある山奥で「私」が目撃した偶然=色褪せた奇跡とは。

「新世界」
東のヤクザ・金城×西の色街で働くたま子。交わらず、届かないそれぞれの想いの行方――。

・・・・・2/25日発売予定・・・・・
《Amazonにて、予約受付中》

都内書店には24日あたりに届くそうなのですが、確実なのは26日くらいでしょうか。配本は都内に集中しそうなので、地方の方は恐縮ですが、Amazon予約、もしくは書店に直接予約をおすすめいたします(すいません)。

引き続き書店向けにPOPなどもダウンロードできるようにしたいと思っているので、書店のみなさん応援よろしくお願いします。
また、都内でトークイベントなども予定しておりますので、本を読んだ方はぜひお越しいただき、本の感想などもお聞かせください。

みなさんとお会いして、お話できることを楽しみにしております。
そして、さらに次の本もすすめなくては……かくぞー。

[`evernote` not found]

PSPゲーム「セカンドノベル」参加

ディスガイアでおなじみ、日本一ソフトウェアさんのPSP対応新作ソフト「セカンドノベル
~彼女の夏、15分の記憶~」
の作中短編小説の一本を海猫沢が担当しました。現在サイトで体験版がプレイできます。

「セカンドノベル
~彼女の夏、15分の記憶~」

■ジャンル : 青春-自己-探索-ミステリアス-認識-アドベンチャー

■対応機種 : PSPR (PlayStationRPortable)

■メディア : UMD

■プレイ人数 : 1人

■発売日 : 2010年7月29日(予定)

■メーカー希望小売価格 : 4,980円(税込5,229円)

■必要容量 : 未定

■ダウンロード版配信日 : 2010年7月29日(予定)

■ダウンロード版販売価格 : 4,000円(税込)

■ダウンロード版必要容量 : 未定

■CERO年齢区分 : 「B」 (12歳以上対象)

■予約特典 : ファーストノベル文庫

■「セカンドノベル ~彼女の夏、15分の記憶~」PC公式サイト http://nippon1.jp/consumer/secondnovel/

■「セカンドノベル ~彼女の夏、15分の記憶~」MOBILE公式サイト http://nippon1.jp/consumer/secondnovel/mobile/

■予約特典情報

本タイトル中には不思議なお話がいくつも登場します。この作中作は、気鋭の作家陣と豪華イラストレーターの強力タッグでお送りするものです。これらをまとめた短編集を、予約特典にいたします。

~参加作家・イラストレーター陣~

『二十一番の喪失』(作:市川環/イラスト:いとうのいぢ)

『終わらない階段』(作:田中ロミオ/イラスト:おーじ)

『音の色』(作:唐辺葉介/イラスト:若月さな)

『夏影』(作:海猫沢めろん/イラスト:亜方逸樹)

『たまねぎ現象には理由がある』(作:元長柾木/イラスト:kashmir)

[`evernote` not found]