ディスクロニアの鳩時計4話


前号からamazonでも取り扱いがはじまったゲンロンエトセトラ#5発売中ですが、今月もさらなるバージョンアップを遂げています……すげえなこれ。
拙著、ディスクロニアの鳩時計の4話目が掲載されていますが……著者もしらないうちに今回から絵がついてた!w 扉絵の山田処刑子(人外)がキモカワイイです。ありがとうございます。
当初の予定では6話くらいで終わる予定だったのですが……どう考えても終わらないので続きます。どのくらい続くのかはわかりませんが、とりあえずどのような形でも終わられることだけは確かなので問題ありません。5話も入稿済みなので、次からハイペースで書いていきたいと思ってます。今回のゲンロンはいろいろ読み所があるのですが、速水健朗さんの新連載はもちろん、東氏による「テーマパーク化する地球」は個人的にかなり「あ!」という発見がありました。場所が変われば検索ワードがかわる……そ、そうか……いや、「土蔵」にも書きましたが去年ぼくは運び屋のバイトでジャカルタに行かされたのですが、まさに同じような体験をしていたんで、これは腑に落ちる話です。

さらに「震災から文学へ」これもおもしろい。ニュースの深層の「大震災と文学の役割」もあわせて見ると非常に理解が深まると思います。
[youtube]http://youtu.be/7bC–ToTDU8[/youtube]
そして東方Project論、「東方再考録」もおもしろかったっす。
とどめは最後のページ。先日告知した「空想タイムトラベループ」の公告がががが……。
そんなわけでゲンロンエトセトラ#5の購入はゲンロン友の会に入ったほうがお得です!
次号もみなさまよろしくお願いします。
[`evernote` not found]