2021年の挨拶

昨年はいろいろと大変な年でしたが、今年はいい年にしていきましょう。

去年、書き終わらなかったら作家をやめると宣言していた8年がかりの連載「ディスクロニアの鳩時計」をなんとか第1稿目までもっていけました。
ふおおおお……。

こちらから様子が読めます。


ここからの修正が大変ですが、ひとまず最後までいったので終わらないことはないと思います。
8年……作家人生の半分くらいはこれをやっていたことになります。
なかなかにアクが強すぎる作品で人を選ぶのですが、確実にぼくのなかで現時点での最高傑作だと自負しています。
最後まで見守っていただければ嬉しいです。

なんか最近人生を振り返って、自分が一番好きだったもの、本当に好きだったことはなんなのだろう? と、自問自答した結果、アニメでもゲームでもマンガでも小説でもなく「ただ、2次元美少女が好きだった」という圧倒的な世界の真理に気づいてしまいました。
そうか……そうだったのか。
美少女を俺も作り出さなければならない……最高の美少女を……いま、あらためて原点に回帰し、そんな使命感に燃えています。

他にもすでに今年はいろいろな企画が進行しておりますが、真実を忘れずに生きていこうと思います。

では。