「イベント」カテゴリーアーカイブ

Life「里山ウェブの時代」アーカイブ公開中

ustream_life20140622.jpg

「里山ウェブの時代」 放送終了しました。アーカイブはこちらで随時更新されますー。

http://www.tbsradio.jp/life/20140622/

出演者:鈴木謙介、津田大介、速水健朗、塚越健司、加藤貞顕、柳瀬博一、常見陽平、海猫沢めろん、西森路代、斎藤哲也ほか

予告編の出演:鈴木謙介、速水健朗、西森路代、長谷川裕P(黒幕)

ラジコではインターネットで放送同様、音楽も聴けます。

Ustreamによる動画生中継も行います⇒ http://ustre.am/lrQf

 


Life「里山ウェブの時代」

ustream_life20140622.jpg

2ヶ月に一度になったLifeですが、今月の放送テーマは「里山ウェブの時代」です。
ぼくもお邪魔いたします。
テーマについて、詳しくはこちらを

http://www.tbsradio.jp/life/2014/06/_httpstwittercomshikaosugastat.html

リスナーの皆様からも「クリエイターと受け手のよい関係を目指す動きとして登場してきている『里山ウェブ』。あなたは支持しますか?」というテーマでメールを募集します。有料コンテンツ、いくらまでなら払いますとか、こういうモデルで成功している人がいるよ、とか、そんなメールもお待ちしています。

メールアドレスは life@tbs.co.jp

なお今回の放送は

2012年04月22日「動員とマネタイズ」

http://www.tbsradio.jp/life/20120422/

これなんかを予習していると理解が深まるかも。

放送は今週末22日(日)深夜なのでお間違えのないよう!

 


イベント告知「ゼロ年代の終わりと10年代の行方」

イベントのお知らせです。来月7月なんですが、これは……ガチでやばい。
左巻キ式VSさやわか式といった感じでしょうか。

さやわか式☆現代文化論 #9
「コミュニケーションは想像力を超えるか――ゼロ年代の終わりと10年代の行方」
さやわか×海猫沢めろん×東浩紀

【イベント概要】

好評シリーズ「さやわか式☆現代文化論」に東浩紀が乱入!

海猫沢めろんのデビュー作『左巻キ式ラストリゾート』が、この7月に10年越しで復刊された。キャッチフレーズは「ゼロ年代を葬送する」。海猫沢自身は、復刊にあたり「当時、ぼくは無名で、わけのわからない愛憎にまみれていた。なにもかもを憎んでいた。それでもなにかを愛したいと思っていた。すべてが最低ですべてが最高だった」と語る。典型的なゼロ年代語りだ。

そんな情念の結晶を、まっこうから否定する(ように見える)のがさわやかである。さやわかのは最新刊『一〇年代文化論』で、2010年代の若者文化の特徴として、「残念」というキーワードのもと、あらゆる個性を「キャラ」として受け入れていく感性を挙げる。すべてはコミュニケーションのネタとして、軽やかに消費される。もしこの仮説が本当だとすれば、海猫沢のコメントほど「非一〇年代的」なものもない。

はたして海猫沢の感性は古いのか?
それとも海猫沢自身が「残念」なのか?
残念はいいことなのか?
残念でクリエイションできるのか?
議論にはさらに、『左巻キ式ラストリゾート』に解説を寄せ、『一〇年代文化論』に苦言を呈した東浩紀が参入。討論を掻き回す。

コミュニケーションか、想像力か。
2010年代を見抜く力が試される。

2014/07/12 (土) 19:00 – 21:00

http://peatix.com/event/40921

乞うご期待!!!!


頑張って生きるのが嫌な人のためのはなし

西加奈子さん、末井昭さん、と対談した模様をお送りしてきた連載頑張って生きるのが嫌な人のためのはなしがすべて公開されました。

西さんは悩みなく楽しそうに見えて、実はそうではなく、人一倍悩む人なんですよね。だけど芯の部分で強さがあるので、なにごとも前向きにとらえて生きていく、そういうところがまぶしかったです。

末井さんはお話していてとても共感したのですが、その悟った感じに、「そうか、ぼくのほうが往生際悪いんだな……」ということを改めて気付かされました。まだまだ人生奥深いな……。

あらためてお二人に感謝を。

まだ読まれていない方はこの機会にまとめてどうぞ。

 

▼頑張って生きるのが嫌な人のためのはなし

 年間3万人前後もの人が自ら死を選ぶ自殺大国・日本。ゆたかな国にも関わらず、根強くはびこっている閉塞感と生きにくさ。海猫沢めろんさんの友人・K君は、そんな閉塞感から自由になるために自殺を選択しました。めろんさんが、K君と、おなじ悩みをかかえる「頑張って生きるのが嫌な人」たちにあてて、ゆるく自由に生きるための方法を提案していきます。