「インタビュー」タグアーカイブ

10月の予定など!

熊本と東京を行き来しつつつつつついいいに10月!!!!!うあああああ!今年本厄年なんですがマジでこれはヤヴァイ!でも生きる!やらねばならんんん!!!とりあえず今月のいろいろ告知です!

▼サイゾーさんで対談してます

文芸とエロティシズムについて、加藤千恵さん倉本さおりさんとともに。

https://goo.gl/jIqCnD

▼現代ビジネスにてVRインタビュー公開中

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/49350

アーガイルシフト最高!

アイネたん最高!VR最高!

——「艦これ」によってついにゲーセンブームがまた来た感じがします。

コヤ でも、「艦これ」しかやらないじゃないですかーーーー!

——でも、ゲーセンに夜、11時まで人が並んでるんですよ!

コヤ 「艦これ」しかやらないでしょーーーー!
コヤ所長最高ですw

二回目ではガンダム「戦場の絆」の話とかもしてます。

▼21日発売!の「かつくら」にてインタビュー

感慨深いなあ……「活字倶楽部」時代から買っていたかつくらさんに「夏の方舟」関連のロングインタビューを受けております。
https://goo.gl/JzFO7A

▼23日 TBSラジオ文化系トークラジオLife

今回のテーマは2.5次元!ゲストは米光さん。これは楽しい回になりそうです!ぜひお聞きを!メールもお待ちしております。

【音声配信】文化系トークラジオLife「2.5次元を生きる〜VR・ポケモン・コンビニ人間」予告編▼TBSラジオ10月23日(日)25時〜生放送!

▼25日 ゲンロンカフェにて

こんなイベントがあります。ゼーガペイン、2006年にリアルタイムで見てたんですが、もう10年前なのでまじで覚えてないので見直します。10年ぶりに劇場版やるとかすごい!

ゼーガペインをSFから読み解く

https://goo.gl/m87dz6

▼ゲームマーケット

近づいてきましたが12月のゲームマーケットに出店しまーす!畳地獄の拡張カードが完成したのでこれ、無料配布します。購入者には無料であげますんで、購入済みのひとは申し出てください。あと、RAMCLEARの殺伐とした活動を伝える「邪宗門通信」という会報を作ってます!これも無料で配布!基本無料!RAMCLEARは基本無料です!12月はぜひゲムマでぼくと握手!

https://twitter.com/ramclear00

 

▼ゲンロンにて連載中の

「ディスクロニアの鳩時計」ですが、引き続き午後の部がはじまっております。ゲンロンにてチェックを!まとめにはいっております!

▼虹のコンキスタドール新曲

また作詞やってます!でもたぶんこれ発売来年かな???また映画の主題歌なんですが、続報お待ちを!

https://goo.gl/R6kGSZ

そういえばLIVEいったときにメンバーに「めろん先生!緊縛男子見ました!」と言われて(^q^)ってなった(縛られてます)。腐なのか……? そんな緊縛男子は重版したようです! おめでとうございます。

 

というわけでそろそろ熊本のほうも落ち着き、クレイジーな夏の暑さも去り脳の調子も良くなってきたので新作にとりかかります!!!!!!

夏に頭がおかしくなりすぎて夜中に叫びまくりこのままでは本当に狂ってしまう!という精神的ヤバさから最近またボクシングジムに通い始めました!!!!!さすがにブランクありすぎて吐きそうですがだんだんまた身体のキレが戻ってきました!!!!!いつでもいけます!タイムスリップしたりラ・ギアスに召喚されたり聖杯戦争とかに誘われてもZ戦士がきても大丈夫ですフリーザーーーー!!!!

[`evernote` not found]

新刊、「夏の方舟」について

本日、ひさしぶりに小説の新刊が出ました。

タイトルは『夏の方舟』

恋愛ものですが、女性がほとんど出てきません。かといって最近の主流っぽいBLではないかも知れません。
イメージとしては昔ぼくが好きだったJUNE系のものに近いと思います。

以前からインタビューなどでも言ってますが(Cakesでの金田淳子さんとの会話とかね……)、ぼくが最初に小説を投稿したのは栗本薫先生の「小説道場」でした。
栗本先生の作品が好きだったんですね。

グイン・サーガとか、伊集院大介とか、魔界水滸伝とか。中島梓名義の評論も好きだった。でも一番感動したのが「終わりのないラヴソング」でした。この小説は当時JUNEに連載されていて、そこで一番人気があった作品です。

まだBLという言葉がなかった時代ですけど、今のBLのもととなるような作品がいっぱい掲載されていて。
で、当時、小説道場はJUNEオンリーだったので、ぼくも必然的にJUNEを書いたのですが……当然まったくひっかからず。
それからしばらくして久しぶりになんとなく読んで、「こ、これは……俺が好きだったJUNEっぽいぞ!」と感動したのが木原音瀬さんの「箱の中」だったんですよ。
そうか、こんないい作品があるのかあ……またJUNEっぽいの書きたいな……と思っていたところで今回の作品ですよ。ええ。

表紙は、木原音瀬さんの「箱の中」(講談社文庫版)も描かれている、「非」さんにお願いしました。
いやまじで、素晴らしい絵をありがとうございます。

そんなわけで、JUNEッサンスな一冊ですので主にJUNEストの方に届けたいですね。
ちなみに過激な描写がかなりあります……どんなくらいかというと、帯に注意書きしてあるくらいです……。

テクノロジーと、大人と子供と、性の曖昧さ、哲学について、などなど、ぼくのいつものテーマも入ってますんで、過激なものに耐性ある人はぜひ(Kindle版もあります)。

もちろん過激なだけじゃないんですけど、とりあえずそこがダメな人も多いと思うので。

 

[`evernote` not found]

新刊いろいろまとめ

▼えーどもども、軽井沢読書旅行は非常に楽しかったです。猫町倶楽部のあまりの空気の良さというか、メンバーの質の良さというか……そういうものに触れて衝撃を受けましたね。ええ。読書する人間というと、もう家で爆弾とか劇薬とか暗器とか作って地下で悪魔召喚儀式でもやってる人間だとしか思ってなかったんで。
そんなわけで先月紹介していた本が予定通り完成しましたのでお知らせします。

▼「ディスクロニアの鳩時計 午前の部」(ゲンロン)発売中!
えーこの本は家で爆弾とか劇薬とか暗器とか作って地下で悪魔召喚儀式でもやってる人間用です。ゲンロンのスタッフががんばってくれたおかげでなんとか出ました!Kindle限定なんでいますぐ買えます。紙の本で出るのは下巻が終わってからなので……なんつーか出るとしたらですけどあと一年先くらいになっちゃうんで今読んでおいてもOKですよ。ていうかたぶん本にするときはめっちゃ加筆したりするんで、今読んでもいいです。おまけにプライム会員だと無料で読めちゃいます。クレームは聞きません。いま見たら文学ジャンルで1位になってました……大丈夫か?日本。「火花」抜いてました……(一瞬だけど)。埋め込み画像への固定リンク
「火花」を読んだみなさんもぜひ読んでね★泣けるよ!人間の深い情緒とか業とかチャカポコが文学的に描かれてるよ★表紙は「漱石の吾輩は猫である」をイメージした肉を食べる猫耳美少女だよ★これはたぶん鶏肉か噛みすぎたビーフジャーキーだヨ★

特設サイトも出来てます!
https://genron-tomonokai.com/eb/dischronia/

インタビューやキャラ紹介などもアリ。あ、影響受けた本で「ドグラ・マグラ」入れるの忘れてました。

 

▼「本をめぐる物語 小説よ、永遠に」(角川文庫)

こちらは短篇アンソロジーで色々な方とご一緒させていただいております。11月25日発売予定。予約開始してます。
以前「ダ・ヴィンチ」に掲載した「ワールズエンド×ブックエンド」という短編が収録されています。物語AIをテーマにしたもので、思春期っぽくSFっぽいのでSF初心者の中学生とかの意見が聞きたい。俺が中学生だったらこういうのが読みたいと思って書いた。埋め込み画像への固定リンク

掲載時は道満晴明先生のイラストだったんすよー!!いつか道満先生に全編イラストを書いていただきたいと思っているんですよー!!性本能と水爆戦がしたいんですよー!!!

Amazon→「本をめぐる物語 小説よ、永遠に

 

 

 

 

▼「緊縛男子」(一迅社)

えー、告知したとおり「緊縛男子」という写真集でモデルをやりました。
浴衣で自宅で……というシュチュエーションです。こんなかんじのおしゃれな本になりました!埋め込み画像への固定リンク「本をめぐる物語」の翌日、26日発売っす。
これ、一時期予約ランキング1位だったんで……予約して買ったほうがいいかもですね。
ちなみに右上で和服で縛られてるのがぼくです。そして、その下の白い部屋がぼくの仕事場です。あんま物がないうえにネットも通じてないので監禁にはちょうどいいかもしれません。
普段この執事とぼっちゃんはいません。ぼくがベッドで寝てます。

Amazon→「緊縛男子」芙羽 忍/kirin (著)

▼はい。そんなわけでこの3冊、ぜんぶセットで3千円くらいです!なんと!3千円でこんな娯楽が得られるなんて……すごい時代になったものですね。

あ、そうそう、あと、先日行われたトークイベントの模様がPodcastになりました!ぜひ。

【文化系トークラジオLife】
9月22日に行われたトークイベント「“最強の運命論”の運命」をPodcastを公開しました。
出演:佐々木敦、入不二基義、斎藤哲也、海猫沢めろん

そしてですね……来年にもまた何冊か待機してるんですけど、その一冊がですね……やばいんですよおおおお!!!書けないんですよおおお!!!うがあああああ!やらなきゃ!やらなきゃ死ぬ!!!うがあああ!やるよおおお!!やるんだよおおお!!!ううううがあああああああうあうあうあうあううあうあううあpふぇぺpふぇ9あpbj;え;れ;いらり;あgr;あg;えあ;g;jlら;br;r

[`evernote` not found]

近況報告

表紙画像

うおおおおお!!はやい!はやすぎるんですよ!もう今年も四月ですよ!!!四月といえば四月!!あの四月がやってくるわけですが四月というのはとにかく四月なわけでこうしてとにかく四月といっていればなんとなく無意味な内容でも四月がものすごい重要に思えてくるわけですが実際のところ四月って超重要。一年のなかでもかなりヤバげな月なわけですよ、なんせ四月っていうのは今年がはじまって四回目の月なわけですからね、ええ。四回。わかりますか!四回ですよ!?ヤバイすね……四月!死の月!すなわち英語で言えばデスマンスリーですよ!デスい!花粉で殺されそうですよ!なんなのこれ!ぐちょぐちょだよおお!
えーさて、入学式とか卒業式とか企業の決算とか人生の精算とかいろいろ大変な時期ですが。いろいろ更新していきましょうよ!新しくね!こう、もっと自分を盛り上げて生きていきましょう!所詮人間なんて地球にとっての蛆虫なわけですが、ウジ虫って語感良すぎるよね。ウジウジしてる感じが超出ててガチでおしりかじり虫に次いで今週のやばい虫ベストテンに入ってきてますからね……こええ。マジこええ……。こんな感じでさむいぼ立ったついでに言っておくと、まとめて俺の最近の近況、すなわち、俺最況をお知らせ致します。
■二年ぶり、「群像」に小説が掲載

キター!来ました、待望の小説が巻頭掲載です!新作タイトルは「キッズ・ファイヤー・ドットコム」みんな書店にいそげー!発売中だよ!どういう作品かっつーと、ホストが子供拾ってネットでクラウドファウンディングで炎上しまくりつつ日本を革命する話です。
僕は現在の純文学作品に対してわりと不満があるわけです。みんな謎の「純文学観」っつーのに縛られすぎ。暗すぎ。深刻すぎ。過去書きすぎ。文章くどすぎ。人間書きすぎ。コンセプト重視しすぎ。テクノロジー書かなすぎ。みたいなね。むろんそのなかでも新旧問わず好きなものもありますよ。でもやっぱ全体として見ると「それ、今の時代に書く意味あんの?」と思うことがわりと多いわけです(意味なくても好きなものはあるんすけどね)。
俺としては既存の純文学に新しいパッチを当てたいんですよ。
パッチっつーと既存のソフトを温存……みたいなかんじでヌルいと思うでしょ? いやでも違うんだなこれが。俺が思うパッチは既存のソフトを完全にぶっ壊すようなことなんですよ。パッチだと思って当てたら違うゲームになってた!みたいなね。要するにハックですよハック。とにかくまあ楽しんでもらえると三方得、WIN-WIN-WINかなと。WIN-WINってバイブ音みたいでエロいよね。

いやしかし文芸誌に小説が載るのは2012年「モネと冥王星」、そのあとの2013年の名探偵短編以来だから2年ぶりでしょうか……お、おお。すげえ時間空いてしまったっすがんばるぞい!

■cakes連載更新

cakesの漫画エッセイ連載が更新されております!ハイテンション!いやー今年はちょっとタイミングを逃しましてマンガ大賞の選考に応募できなかったんですよねー。残念!今年はちゃんとマンガ読んで今年こそ俺の野望としてですね、地雷みたいな変なマンガを埋めますよええ。とはいえ年々インプットが減っているのも事実なのでここは磨きますよ……クソオタ魂でヒキコモヒキコモしつつまんきつに住みますよ。で、近々科学ルポも更新されますテーマは「人工知能」話題ですねー!こちらは日本におけるAI研究の第一人者である松尾豊先生にインタビューしておりますんでお楽しみに!世間でもいまだに謎い噂のディープラーニングについて、その現物やら動いてるところやらいろいろ撮影してますんで、日本一わかりやすいディープラーニングの記事になるかと!

■世界制作のプロトタイプ展イベント

放送が終わっちゃったんですが、ツイッターで告知してたので見た人もいるかな?
上妻世海くんのキュレーションで開催される「世界制作のプロトタイプ」。DOMMUNEで行われたこの展覧会の番組に、PIPプロデューサーの濱野智史くん(はまのん)、アートSNS・スタートバーンのローンチをひかえる施井泰平くん(たいちゃん)とともに理論編として出演。コンセプトについていろいろと聞いたりとかしました。
世海くんは三年前くらいに渋ハウス代表の斉藤くんに紹介されてお会いしたのが最初でしょうか。
俺が超貧乏で家がなくなり、大塚のシェアハウスにいた頃(二〇〇〇年代後半)、そこにすごい若い子がいたんですが、彼が後に渋ハウスはじめることになる斉藤くんだったわけです。んで、2、3年前くらいに彼に紹介されたのが世海くん、というつながりっすね。エキソニモの千房さんとの関わりも深いとのことを最近知った。千房さん、長らくご無沙汰しておりますので18日にまたお会いできるといいな。

世海くん、90年も2000年も終わった!俺達がテン年代だ!っつーような気迫に溢れており素晴らしい。アートや批評系の20代プレイヤーで久しぶりに面白い人が出てきたなー。めっちゃおもしろそうなので18日から始まる展覧会にはぜひ行きましょう。そして作品を買うべし。

展覧会はこちら→http://prototypes-of-worldmaking.com/

■文化系トークラジオLife

前回の音楽特集、先月のイベント、ともに伺えなかったのですが、今月は参加したいなと思ってます。テーマは既に決まっているのですが、これはなかなかタイムリーで面白いんじゃないかな?Lifeクルー全員それぞれどういうスタンスかとても気になります。

■書評

今月の宝島書評でとりあげたのは最果タヒさんの「星か獣になる季節」これはもうね、なんも言えないですよ。あまりに次世代感があってね、今ユースカルチャーのまっただなかにいて青春に絶望してる人が読んでうわーってなって、それでなにか方向性を見つけるような、そういうタイプのものだと思いますね。大人がなんか知った風なことを言えば言うほど間違える気がするんですよ。ええ。いつまでも子供のふりしてるダセえ大人になんかなりたくねえわけですが、かといってくだらねえ保守的なことしか言わないオヤジにもうんざりなわけで、俺は俺なりのオリジナルな大人になるしかないってことでそういうかんじで書いてみました。著者の最果さんにも喜んでいただけたようでほっとしております。

あと、共同通信で浅田次郎先生の「BLACK and WHITE」の書評を書いてますので、地方紙にそろそろ配信されているかな?浅田先生超好きで「蒼穹の昴」までの作品はほとんど読んでいたんですが(「天切り松」とか激いいよね)、それ以降は読めておらず久しぶりに読ませていただきました。やっぱ文章がスゲエうまいんだよねえ……当然なんだけども。

■直島映画、フランスで公開中

こないだお知らせした直島のドキュメンタリー映画がフランスで公開中です。現地の話によるとかなり好評のようで、よかったっす!日本でも公開されるといいなあと。直島の方々も自分たちの島がどう描かれているのかおそらく興味があると思うので、すでに何らかの企画があるかも……なければちょっと僕が考えてみたいところです。

まあこんなところでしょうか? 実は他にもいろいろあるのですが、まあそれはおいおいということで。そんではまた!

あ、そうそう最近、コード・オブ・ジョーカー(通称COJ)やってるんで近所で見かけたら声かけてください。トレードしましょう……マジで。当方微課金にてカード資産少ないですが。主に巣鴨と上野にいます。ランクSSです。ここからJが遠い……。MOA予選動画のワンショット五右衛門とかニュクス入りのやつとか、アツイよね。侍は嫌いです。前にHearthStoneやってたんですが、この手のカードゲームってマジでハマると死にますね……無限にやってしまう。実はMtGをやるタイミングを逃してここまできてしまったのですが、今更やってみるかなあ。パズドラTCGもちょっと気になってるけど、あのコンボシステムはよくぞ考えたという感じがします。うまくカードに落とし込んだなあ。ワンダーランドにもたまに行きます。MOBってなんか慣れない。サンドリヨンの胸が気になります。アケゲもたまにやっとくと、ちょっと現役感が戻りますね。あーしかしゼノブレイドやりてえよ……あと、ブレイブリーセカンドのエンカウント調整できるシステムはエミュっぽくってあんま好きじゃないです。あ、去年のベストゲームはおくればせながらスチームワールドディグです。これ最高っすよ。最近vita版がでたらしいっすね。3DSといえばニンテンドークラブがなくなったってことで……クラブ会員しかもらえない伝説のゲーム「任天童子」は貴重な逸品なので保存しておくことにします(一応クリアしました……超時間かかりました……開発元のグラウンディングさんのボードゲームいいです。街コロすきです)。そして今期アニメはなぜかクロアン見てました……なんかすごいアニメだった……いろいろな意味で。ううあああ時間がない!

[`evernote` not found]