「日常」タグアーカイブ

日常がクソすぎる件

▼日常というのはつまらない。

全人類にとっての敵は戦争や憎しみかも知れないが、このクソ平和な日本における一番の敵は「退屈」です。
毎日決まった時間に起きて電車に乗って会社や学校に行き、さほどおもしろくもない日常をこなして、そこそこの時間になったら帰ってテレビでも見てフロに入って寝る。
いつかはなにかが起きてくれることを願っているが、それが来ないこともまたどこかで分かっている。
そんな日常。
かつては私もそういう日常を過ごしていた。
学生だったこともあるし、信じられないことにサラリーマンだったこともある(出社するなり自分のデスクで米を炊いたり、無断欠勤を繰り返したり、3年間一度も定時に出社しなかったりした結果クビになりました)。
日常を変化させるのは視点だ。
たとえば月というものがある。
いまこれを読んでいる人は空に浮かんでいる月の大きさを指でだいたいこのくらいだと示して欲しい。
そしてそれをもちあげて実際に空に浮かんでいる月の大きさと比べてほしい。
どうだろう?
ほとんどの人がピンポン玉くらいの大きさを示したのではないだろうか。
だが実際に見える月は五〇円玉の穴くらいの小ささにすぎない。
いつも見ている日常もこうしてちゃんと見ると、思いがけない発見がある。
これを書いている現在、私はある出版社においてカンヅメという状態にあるのだが、三日目くらいに何気なくペン立ての中をのぞいたところ、ポストイットが二つ。その片方になにかが書いてあった。
「こんにちは!もしあなたが今暇だったら友達になりましょう!xxxxx@xx.co.jp」

裏側には
「執筆ご苦労様」

これは…………一体…………。
バクバクする心臓を抑え、とりあえずフロでリラックスして考える。
これは間違えてどこからか持って来たものではない。明らかにこの部屋にいる人間を意識している。
だとするならばこれを書いたと予想される人物は、
1) 清掃員――病気の妹の医療費を稼ぐために青森から夜行バスでやってきたアルバイトの女の子が、さみしくて書いてしまったのだ!
2) まえにはいっていた作家――若くしてデビューしたために男の友達がおらず、お金持ちだけど空想癖があって引っ込み思案なメガネっ子(外したら美人)が残していったのだ!
3) まえにはいっていた作家が呼んだホテトル――文豪が暇つぶしに呼んだ芸者は先生が酔って寝てしまったため暇つぶしにメッセージを残したのだった!
4) 編集者――いっこうに原稿がとれない新卒の編集者萌絵は考えた「そうだ!執筆室の先生にメッセージを残せばいいんだわ!」こうして新たなる作戦として……以下略
5) 妖精――一〇〇〇年に一度現れる小説神のお使いで現れた妖精は選ばれし作家、ゴッドオブライティングソサエティを集めるべくどうでもいいかんじでコンタクトを取るのであった!
どれが起きてもおかしくない。とりあえず私は心から愛を込めた三島由紀夫の切腹直前スーパー演説なみにメールしてみた。
「執筆室より こんにちは! ぼくも友達になりたいです! メールよろしくお願いします! 童貞です!」
国語辞典の付録につけられているような完璧な文章。ともすれば難解になりがちな比喩と単純になりがちな直喩がギリギリのバランスで両立している。
魂を込めてクリックして送信。
かれこれ10日以上経過していますが、返事がありません。
(初出:2008年11月 野性時代)
※これは本当に何者かわからず、メールするのが恐ろしかったのですが、一ヵ月後くらいの忘れた頃に、綿矢りさを名乗る男からメールが来やがりました!ひっかかるわけねえだろ!と思ったら本人だったェ……すいません……お元気……ですか?


[`evernote` not found]

レーシックについてのまとめ

▼三ヶ月検診

三ヶ月前の状況についてはここ参照。
レーシックを受けてから三ヶ月経過したのだが、経過は良好。結果的にはいい感じになった。
最初の頃はかなり安定せずに、夜のハローやグレア、日中のドライアイ、などなどが気になったのだが三ヵ月経過するころにはピタリと収まった! すげえ。ハローとグレアは多少あるものの、映画や読書に支障なし。疲れ目もメガネのときよりかなり軽減された。これはありがたい。
視力は1.5だが、読書とパソコン仕事のせいで最初よりすこし落ちているような気がしなくもない。
運動は、毎日だいたい10キロ前後のランニングをしているのだが問題なし。ボクシングはちょっと危なそうだが、フルフェイスガードつけたらいけんじゃね?っつー気がするのでまた試してみたい。
結論としてはリスクもあるのでなんともいえないけれど、刹那的に生きてる人ならアリでしょう。みんないろいろ考えすぎです。あまり何も考えずにてきとうに生きていきましょう。ちなみにレーシックをやった時点での全財産=四万。あきらかに払えませんが問題ありません。なぜならローンがあるからです。払えなくなってもレーシックは差し押さえできないのでお得です。勝間和代さんもレーシックでハッピー。


癒し系

[`evernote` not found]

霊的動画批評まとめ

そんなわけで、クイックジャパンに連載されていた霊的動画批評の掲載が完了。当時のことを思い出しても、貧乏すぎて毎日パンの耳を食べていたとか、デイトレードで壊滅的な経済的損失を受け、そろそろ家がなくなってやばいとか。あまり今と変わっていません。まとめて見たい方は以下で。

http://uminekozawa.com/category/売文保存庫/霊的動画批評/

[`evernote` not found]

ハッピーバレンタイン!

▼「悪魔のいけにえ」関連映画鑑賞会!

ということで、バレンタインデーということで、滝本竜彦×海猫沢めろんが2007年に行った、映画「悪魔のいけにえ」のイベントのためにつくった「悪魔のいけにえ」関連作品+一言コメントをみんなに公開!当日映画館に来てくれた人だけに配られたものです。おめでとう!オマエラのもらったチョコレートはきっとこいつらの血液で出来ています!デリシャス!デンジャラス!D’ERLANGER!ファッキューーー!!!!日本人なら饅頭を食いなさいというのです!!

□女子高生チェーンソー

□監督: ジョン・ホフマン

□解説

車が故障し、近くのスクラップ工場で夜を明かすことになった女子高生たちを襲う恐怖を描いたホラー・コメディ。

□コメント

め「最初にこれですか」

滝「ダメそうなのから見ましょうよ。これ最後だとつらい」

――冒頭10分鑑賞

め「……もう、いいや」

滝「……早送りしていいですよね」

め「うん。あ! まって! いまチェーンソーが一瞬だけ写った!」

滝「本当だ……あれは確かにチェーンソーでしたね」

――ひたすら早送り。

――オチ。

め「どうでもいいけどオチがひどいね……」

滝「十秒間ほどチェーンソーの存在を確認できましたが、悪魔のいけにえとはなんの関係もない映画でした。少しエロかった。あと……」

滝&め「アメリカの女子高生は可愛くない!」

□悪魔のいけにえ2

□監督: トビー・フーパー

□解説

ラジオ局のDJが受けた1本のリクエスト電話は、途中から阿鼻叫喚の殺人シーンの中継となった!事件の捜査に乗り出したDJと、かつてチェーンソー殺人者に甥を殺された保安官は、ハイウェイの側に立つ古い遊園地に潜入する。だが、そこは人肉を料理して街で売る、狂気のチェーンソー殺人一家が支配する地獄だった!

□コメント

め「いやあおもしろいなあさいこうだなあ(棒読み)」

滝「これを見てると一作目の完成度が何かの間違いに思えてくる」

二人「…………」

滝「身に積まされる……しょせん一発屋は一発屋ということ? 僕とか……」

め「いやいや! コツコツやればなんとかなるよ! トビー・フーパーはこの後、スピルバーグと『ポルターガイスト』を撮ったりするわけだからね」

滝「おお。すごいですね!」

め「で、あと『スペースインベーダー』とか……」

滝「だめじゃん。やっぱり」

め「がんばればなんとかなる」

滝「そうですよね!」

悪魔のいけにえ~レジェンド・オブ・レザーフェイス~ [VHS]

□悪魔のいけにえ レジェンド・オブ・レザーフェイス

□監督:キム・ヘンケル

□解説

名作「悪魔のいけにえ」でトビー・フーパーと共同で脚本を書いたヘンケルが20年の時を経て発表した衝撃の初監督作品。ストーリー的にはオリジナルとほぼ同じとも言えるが、ラストに現代的解釈が用意されている。

□コメント

め「えー、ビデオ屋に3がなかったからとりあえず4作目です」

滝「……なんなんですかこれは。本気で意味が分からない。なんとチェーンソー事件は、人類の霊的進化を促すための壮大な実験だった!?」

め「すごい勢いでダメになってるね……」

滝「本物の電波臭がする」

め「このころってニューエイジ全盛だったのかな?」

滝「こういうの何作も観る映画ファンって本当に偉いですよね」

め「どうでもいいけどチェーンソーばっか見てると代々木公園とかで木を切りたくなってくるね」

□テキサス・チェーンソー

□監督:マーカス・ニスペル

□解説

夏休みの思い出のためにテキサスへドライブに行った5人の若者達が突然殺人鬼・レザーフェイスと遭遇し、執拗に追いまわされ想像を絶する恐怖へと巻き込まれていく。

□コメント

め「おもしろい」

滝「これはなかなかですね」

め「現代風にリメイクされてるとこが嫌いな人は嫌いだろうけど、これはけっこういいリメイクだと思います」

滝「問題はレザーフェイスより保安官役のリー・アーメイのが怖い」

め「これ素でやってるよね」

滝「そうなんですか?」

め「普段から『クビ切り落としてクソ流し込むぞ!』とか『タマ切り取ってグズの家系を絶ってやる!』とか言ってたじゃん。リー・アーメイ。演技じゃないよ。心がこもってるもん」

滝「フルメタルジャケットの見過ぎですよ……」

□テキサス・チェーンソー・ビギニング

□監督:ジョナサン・リーベスマン

□解説

映画史に輝く名作「悪魔のいけにえ」のリメイク「テキサス・チェーンソー」は全米第1位のヒットを記録!続く本作は「テキサス・チェーンソー」で描かれた事件の前に舞台を移し、殺人鬼レザーフェイスが生まれるまでを描く。前作でレザーフェイスを演じたアンドリュー・ブリニアースキーが今回も出演し殺人鬼を熱演。また、前作で異常な保安官ホイトを演じたベテラン俳優R・リー・アーメイが同じ役を怪演する。

□コメント

め「あ……寝てた」

滝「これけっこう怖いですよ。気持ち悪い」

め「やっぱリー・アーメイのキャラが死ぬほど立ってるね」

滝「でもオリジナルにあった特殊な輝きがない」

め「いまものすごい勢いでテキサスチェーンソーに詳しくなりつつあるよ、オレら」

滝「もはやチェーンソー博士ですね。この知識を使って僕らもレザーフェイスに!」

め「精肉場は時給安そうだからいやだな」

□ミシガン・チェーンキラー

□監督 マット・カンチュ

□解説

ミシガン州で起きた惨殺事件–生存者、1名。

大学生に心理学を教えるバレンは、研究に協力してくれた生徒たちを労うため、彼らに人里離れた離島のコテージを紹介する。一足遅れて島に到着したニコールたちは先発隊と合流するはずだったが、コテージにいたのは仮眠を取っていたというマークひとりだった。心配になった一行は捜索を開始するも、発見されたのは皮膚の一部と大量の血痕だけ。先発隊のほとんどは消息を絶ったままだった。帰りの船は翌朝まで来ない。凍てつくような森の奥深くで何が起こっているのか。生存者が次々と減ってゆく。

□コメント

め「ごめん、良く見たら、もはや<テキサス>でも<チェーンソー>でもなかった」

――オチ。

め「うわぁ……」

滝「夢オチなんて初めてみた。凄い度胸だ。感動した! また大切な僕の時間が無駄になった!」

め「原題『Silent Scream』って……どう考えてもスクリームの亜流なのになんでこんなタイトルなんだろ」

滝「なんにせよ、短い人生をこんな映画で無駄にしちゃいけないってことですよ。観賞会が終わったらみんなでビリーズ・ブートキャンプしましょうよ。このまえ買ったんですけど」

め「なにそれ?」

――DVDを取りだす滝本。

め「なにこのホモっぽい黒人……こいつと一緒にストレッチとかすんの? アメリカ映画でよくある場面みたいでやだなあ……」

滝「すぐに気にならなくなりますよ。自己啓発セミナーみたいなもんですから」

(この後、なぜか1時間くらい汗だくになりながらビリーと一緒に運動する二人)

め「爽快だ! 人間は生まれ変われる!」

滝「ビクトリー!」

□テキサス・チェーンキラー・ビギニング

□監督:グレン・ステファン

□解説

戦争から戻ったトレヴァーはヒッチハイクで放浪の旅に出る。テキサスのホーボーケンという地に辿りついたトレヴァー。しかし、彼を待ち受けていたのは迷い込んだ人間に拷問を加え、脱走者は容赦なく殺す農場主だった。テキサスで起こった実話を基に描かれたホラー作品。

□コメント

め「ごめん。また間違えてた。『チェーンソーキラー』じゃなく『チェーンキラー』だった」

滝「邦題考えた人、冴えてますね。人類の深い智慧を感じます。ていうか騙された! 許せない!」

――終了。

め「ビギニングなのにちゃんと終わってるね」

滝「なんかもうアメリカという国そのものが嫌いになってきた。映画そのものが嫌いになってきた。生きてることに疲れてきた」

め「とりあえず全部終わった……」

□□□□□終了後の感想□□□□□

め「黒沢清監督の著書の至る所に『トビー・フーパーは神!』的なことが書いてあるんで、なんとか頑張ってみたのですが、まだ修行が足りないらしい。心の底から虚無を感じてしまった」

滝「最初に観た女子高生チェーンソーが一番楽しかった。脳みそに入れないほうがいい映像をたっぷり吸収してしまった。もし僕が何か事件を起こしたら、それはこの観賞会のせいですから」

[`evernote` not found]