「日常」タグアーカイブ

D坂の自販機

▼D坂は

乱歩が作家になる以前、兄弟二人とともに営んでいた古書店「三人書房」のあった千駄木の団子坂がモデルでありますが、其の場所あたりには現在、面妖なるものが屹立しております。


▲夢の自動販売機なるもの

文京区に忽然とあらわれた歌舞伎町といった趣。
「一夢 1000円」「夢の世界へスタート!」などの文句が踊る。
出てくる商品写真はPSPやデジカメ、iPOD、ライター、時計……皆様が『monoマガジン』で見慣れた商品です。

まったくもってくだらぬ。

実に低俗。

俗世にまみれたくだらない物欲まみれの唾棄すべき凡人どもがいかにも喜びそうな子供騙しの手口ではありませんか。

何十万もする高級ブランド品や最新式の携帯型電子遊戯機……斯様な物が1000円で入手できれば誰も苦労はいたしません。

まったく馬鹿馬鹿しいにもほどがある。

けしからん。けしからん。けしからん。

ひととおり自販機の前で毒づいたあと。

……。

わたしはその自動販売機の前に立ち、あたりに人の気配がないことを確かめ、すかさず千円札をすべりこませました。

▲ガコンという異音とともに匣が現れます。

思ったよりも大きな白い匣でした。
さすが1000円も払ったかいがあります。
大きさのわりには軽いのが不安ですが、きっと杞憂でしょう。
すぐに家に帰りましょう。
胸はドキドキです。
高級ブランド品か、いや、PSPだろうか、まさかPS3……まて……もし……美少女型のロボットがはいっていたら……

どうしよう!

興奮してきた!

浮き足立ちながら帰宅し、刃物を持ってそれを開けますと。


▲?

はて。

これは一体如何なる物か。

なにやら、胸の奥がざわざわと落ち着かなくなってまいりました。

意を決してフタを開けました。

すると……

なんと……



▲猟奇的なまでにタオル風のタオルのようななにか

▲1000円
では買えない練り込まれた超弩級デザイン

▲誰か助けてくださいという意味のダイイングメッセージ

現世は夢、夜の夢こそまこと――乱歩


[`evernote` not found]

おいてめえら、ソイッシュ…(以下略)

▼ソイッシュ

今日の夕方のことだ。まったく知らない着信があった。恐る恐る出てみると、
「こんにちは大塚製薬です」
……。
大塚製薬であった。
おいおい、マジかよ……マジやべぇ!!

「てめえコノヤロウ! ブログで叩きやがって! 営業妨害かコラ! ガタクってんじゃねえぞ! 追い込みかけてやっから待ってろよ! ああっ!?」

的な電話だろうか。
なぜ私の電話番号がわかったのだろう。
……と思ったら。

「すいませんソイッシュを購入した方に電話させていただいているのですが」

どうやらアンケートらしい。
良かった。

ソイッシュ、いかがでしたか?」

いかがでしたか……と聞かれても。
まさかこんな大塚製薬本人がやってくるなんて……いや……困った。
こちらも大人だ、ここはやはり相手を傷つけないように言葉を慎重に選ばなくてはならない。

「ぶっちゃけまずかったです!」
「(電話の向こうで笑う声)そ、そうですか」
「はい!」
「では12本お送りしたんですが飲まれてないのでしょうか……」
「いえ、全部飲みました!」
「(!?)あ、そ、そうですか」
「はい! 後半はなんとなく慣れました!」
「ありがとうございます! 実はいま特別に、3回頼むとソイッシュが30本無料でもらえるキャンペーンを実施しておりまして!」
「うう……ゆるして……ママ……ぶたないで……ママ……ぼく良い子にするよ……(トラウマ)」

……。

ソイッシュ!!

[`evernote` not found]

おいてめえら、ソイッシュ知ってますか。

▼SOYSH

ソイッシュ。それは謎の炭酸飲料。豆乳(ソイ)+炭酸(ッシュ)という想像を超えた組み合わせを実現した健康飲料。コンビニや自販機では販売しておらず通販のみというこの秘匿性の高さにより周りでは誰一人として飲んだことがないという。ソイッシュ……想像するだに危険すぎるぜ……第二のメッコールになりかねない危うい魅力を秘めたこんな商品を開発するなんてさすが大塚製薬。フロンティアスピリッツを忘れないおまえに乾杯。いつかは飲んでみたいものだ……。
と思っていたところに先日アマゾンで買い物したら通販(送料無料)でソイッシュが購入できる葉書が付属していたのでワタクシ購入致しました。

▼キャッチコピーは「フシギ系大豆飲料!」

▲これがソイッシュだ!

やばい……これはやばいぜェ……自称フシギってのがヤバイ……グレムリンとか焼肉小倉優子と同じくらいくらいの危うさを感じるぜェ……さすがに届いた常温状態で飲むのは厭な予感がしたので冷やしてから飲んでみた。

ゴキュ……う。
……。
これは……。
なんだこの未知の味……そう、例えるならば……。
豆乳だ。
炭酸だ。
豆乳と炭酸だ。
……。
ソイッシュだ!

ていうか! そのまんまだ……驚くほど……。しかもなんだか底のほうにちょっと豆乳の濃厚な部分が溜まっていて炭酸とかあんま意味がないような……。これはかなりフシギだ……端的に言ってマズイかウマイかといわれたら……マズ――あ、いや! まて! そうだ。以前「ルビコンの決断」で大塚製薬ポカリスエット開発秘話を見たときのことだ。ポカリは当初ひどい不評で本当に人気がなかった。「なんだこの変な水は!」「不良品じゃないのか!」とか返品が相次いだらしい。だがしかし、彼らは諦めなかった。そう、ポカリはスポーツ後に飲んでこそ本当のおいしさを発揮する! 彼らは不屈の根性で無料でポカリを全国に配りまくった! そして何年目かの夏、ついに超人気飲料へと躍り出たのだ!

▼そうだ!

そんな不屈の大塚製薬に失敗があるわけがない! このソイッシュもスポーツ後に飲むものに違いない! とりあえずいつものようにトレーニングしてから飲んでみよう!

いつもの日課――スクワット×50 腕立て×50 逆腕立て×50 腹筋×50 縄跳び×1000 ランニング3㎞ フロ

ふう、喉が渇いた。さっそく冷蔵庫からよく冷えたソイッシュを取りだす。

ゴキュ……う。
……。
…………。
クリーミーな口当たりと、渇いた喉を流れるビールの泡のような炭酸……。
これは……何かに似ている……あの検査とかの……あれ……

バリウムだっ!

そうだ!バリウムにそっくりだ! つまり! ……どうやらスポーツ後に飲むものではなかったようだ。悪くはないが……良くもないといったところか。一気に飲むとなんとなくうまいような気がするのだが、もはや自己催眠のような気がしなくもない。やはり底のほうに豆乳が溜まっているのが厳しい。かなり質が良い豆乳だとは思うのだが……。個人的に好きな豆乳はコーヒー牛乳テイストな紀文の調整豆乳なのでそういうのは期待していない……。乳製品+炭酸っていうとやはりカルピスソーダが最高峰なのだろうか……おれたちはカルピスの支配から逃れられないのだろうか!? いや! ぜったいにうまい方法があるはずだ! この路線をやるなら素直にソイラテのような方向性を目指すほうが相性が良いに決まっている。だが、ここはあえて炭酸……炭酸なんだっ! ぐううっ!(涙目) シュワッってさせたいんだ! どうしても! そんな謎の情熱を持った大塚製薬なら必ずやこのソイッシュを洗練させられるはずだ。でも、もしかしたらすべてはぼくの勘違いで、松屋とか和民とかではすでにソイッシュがふつうにグランドメニューに追加されていて、コンビニではみんな毎朝ソイッシュを買って恋人といっしょに飲んでいるのかも知れない。ぼくの味覚が全部間違ってるのかもしれない!

とか思って大塚製薬のサイトを見てたらこんな意見が……。

………………。

とりあえずみんなソイッシュ買ってくださいよコノヤロウ。ベジタリアンの友達は「これうまいですよ」っていってた。うちのおばあちゃんも昔メッコール飲んで「これおいしいやんか」っていってた。

メッコール>シソペプシ>ソイッシュ>Drペッパー

追記:大塚製薬のサイトのクチコミは現在リンク切れになっている……やはりあれは危険なクチコミだったのだろうか……。ちなみに後日このような電話がきました。

[`evernote` not found]

レーシック(3)

▼一週間検診

レーシック手術後一週間が経過した。この一週間の推移は、
初日――使い物にならず
2日目――マシになるが異物感バリバリで視界も曇り。
3日目――さらにマシになるが右目がだめ。
4日目――異物感が消えてきた。グレアもマシになってくる。
ということで5日目から。

2010年10月26日(火)

レーシック五日目。昨日と変わらない。まさかこれで安定か…という不安。だけど初日に比べるとかなり綺麗にみえるようになってきておる。頑張ってください俺の細胞。

posted at 17:22:08

2010年10月27日(水)

レーシック六日目。左はかなり安定。右はにじみもあるが、視力が左より0.3ほど低いせいか、やはりすこし不自由。グレアも明らかに右だけ多い。非対称なのが気持ち悪いなあ。

posted at 12:15:40

2010年10月28日(木)

術後初の映画館コンタクトよりは楽だったのだが、まだ調整に慣れないかんあり。

ということで一週間検診。結果は両目とも1.5に……というかね、視力が上がったわけじゃなくてこれ、右のかすみが減ってきたために視界がクリアになってランドルト環が見えやすくなったってだけなんだよね。視界のクリアさにちょっと不満が残る……が、考えてみると以前はメガネとコンタクトで生活してたので、その煩わしさからは抜け出せてるはずなんだけど、裸眼になった途端にメガネとコンタクト生活だったときのことを完全に忘れているので、差がわからない! とくにワタクシの場合は物忘れが常人より酷いので「あれ?俺前からこうじゃなかったっけ?」とか思ってる有様。お医者さんに相談してみるが三ヶ月ほどで傷がかなり恢復するのでそれまで様子をみてくれということ。
家に帰って読書をしてみる。とりあえず文字の大きなハードカバーを二冊ほど……なかなか距離が掴めない。距離を調整しつつ読書。目が……目がいてえ、筋肉が凝ってるような……。気合い入れて読んだけど痛みでなかなか頭にはいらなかった。
現時点ではまだ完全状態ではないのだけれど、これからレーシックをやろうとしている人にオススメできるかというと、うーん。

・極度に視力が低く、コンタクトとメガネがほんとにめんどくさい。
・あまり細かい作業をしない。
・旅行することが多い。
・メガネ嫌いの女性。

などの人にはお勧め。右目がまだかなりにじむんだけれども視力は出ているので、五〇代くらいまで持てば、いい買い物だったと思える気がする。視界がすごく綺麗になっていたとしたらもっと歯切れ良い言葉になるんだけど……今の時点ではまだそこまで勧められない。
何にせよ個人差があるものだから、あくまで神経質な人の意見として聞いたほうが良いでしょう。
ということで、また三ヶ月後に。

[`evernote` not found]