「Quick Japan」タグアーカイブ

霊的動画批評第5回「アカギ」

▼アニメを心の目で霊的な角度から批評するこのコーナー〈霊的動画批評〉。担当の海猫沢です。前回、植物人間になりましたが、モロッコで性転換して乙女になりました。立派なツンデレになれるよう頑張ります。

新年の挨拶なんてしないんだからねっ! ほ、ほんとうよ! そんなもの私には必要ないんだから! 実にくだらないわ。そんなものを信奉しているような者は死ぬが良いわ。いい?だいたいお年玉というものがいけないの。決して私は去年の年収が200万以下だったから誰にもお年玉をあげなかったわけじゃないのよ……こういう古い習慣を疑うことから新世紀を始めようと言いたかったの……。そ、そんな目で見ないでって言ってるでしょ! どこ見てるのよヘンタイ! もう! 心臓刺すわよ。

▼今回とりあげる作品は『アカギ』。よ。そう『アカギ』と言えば、週刊少年マガジン連載(打ち切り)の超人気漫画『無頼伝涯』でおなじみ、福本伸行先生の代表作。何よ? 私のほうが詳しいのよ! あなたは黙って文章を読んでればいいの。あ、あなたの苦手な麻雀漫画だけど、大丈夫よ! ほら……ほぼ全般に渡って主人公が超魔術で人を騙すとこだから、麻雀を知らなくても楽しめるわ。ちなみに主人公アカギは天才なのに、たまに工場のラインでバイトしてるの。貧乏って嫌ね。

▼さてアニメ版よ。ふん……表面的には確かに問題ない作品ね。でもダメよ――これは連載を読んでるあなたに改めて言っておくわ――このコーナーはただのアニメ批評じゃない! 目的を見失わないで! そんなあなたはあなたじゃない! 私たちの目標はアニメを見ることじゃないのよ。セル画の遙か向こう。そこにある霊的なメッセージの啓示を受信することにあるの。

▼や……やだ、ちょっと昂奮しちゃったじゃない……もう!

霊障はオープニングに既に現れているわ。ここよここ、きゃっ! ば、ばか……近づきすぎよ! なんだか今日熱いわね……オープニング、アカギが昭和の街を歩くカット。ここよ……カメラはアカギをアオリ(ローアングルから見上げる角度)で捉えてる。いきなり間違ってるわこんなの! この人たち何も分かってない! 霊的に敏感なあなたなら分かるわよね? こんな当たり前のこと言いたくないけど……この漫画の原作者の守護霊が福沢諭吉だってこと……分かるわよね? その根拠はどこにあるのか、ですって? 呆れた! 原作漫画には、アオリのカットが99%存在しないのよ! これがどういう意味なのかわからないの!?  「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」ってことじゃない! この鈍感! もう! なんで気づかないのよ……目玉えぐるわよ! つまり、原作は下から見上げるアオリのアングルを廃して、あくまで登場人物と同じ目線、人間として同じレベルで画を描くことによって諭吉マニフェストを体現しようとしていたの。諭吉革命で諭吉民営化よ。それがアニメでは出来てないのよ!

▼諭吉からの霊的メッセージを知らせるため、あなた! 今日から一日100通制作会社に投書しなさいよ! あなたがするの! いい? わ、私もチョットだけ、て、手伝ってあげる……べ、べつに、アカギのことなんか、好きじゃないわ。あ!(落ちた生徒手帳からチラリとあなたの写真)み、見た!? 見てないわよね!!!ほっ……。

▼獲得した能力:〈アニメ批評力+20〉〈ボーナス+3ペリカ〉〈ツンデレ力+10万ツン〉

 

初出:QuickJapan

百舌谷さんを思い浮かべて読むがいいです。

[`evernote` not found]

霊的動画批評第4回「おねがいマイメロディ」

▼こんばんわですぅ~諸君!(>_<)
前世ネットアイドルだったミンキー☆海猫沢だヨぉ!オトナじゃない!オトメデス!
連載も四回目、文字を書くのが面倒☆ミ
今日紹介するのは「おねがいマイメロディ」というアニメですぅ。
紹介する理由はかわいいからですぅ~。ぶっちゃけもう霊とか魂とか批評とかどうでもいいですぅ~ていうか批評なんか一度もしてないんだけどネ!(^_^)キャハッ!

▼子供から大人まで世代をこえて親しまれているサンリオのキャラクター、「マイメロディ」が初アニメ化! ひょんなことから人間界へ行くことになったマイメロディはライバルのクロミの悪巧みに対して中学生の女の子、夢野歌と共に魔法の力で人々の大切な夢を守ってゆく、明るくて楽しいキュートなラブコメディーアニメ。
サイトに書いてあった文章をコピペしてみましたぁテヘッ!(´w`)ぷんぷん!?
怒らないでね~怒らないでね~ヽ( ´ー`)ノ☆
おわりぎぎぎぎ

※編集部注 めろん先生は10月下旬、前立腺癌と生活苦とシ●ブの打ちすぎで病院へ入院されベジタブルメン=植物人間になりました。短い間でしたが、皆さん応援ありがとうございました。なお、BMめろん先生の連載は続きます。

▼身体が緑色のBM海猫沢です。今はオックスフォードでMBAを取るために猛勉強しております。植物人間の生活はとてもつらい。
性欲や食欲がない。
しかしながら欲望=夢は生きる原動力であり失ってはならぬ。真の夢を持つにはいかにすれば良いか?今回マイメロを紹介したのは、個人的に好きだからでもなんでもない。「夢」を掴む答えがここにあるのだ。

▼考えてみよう。……。

▼申し訳ない。植物には脳みそがないので考えられない。ちょうど同室のTOMがプレイボーイを読んでいる。そうだった。ウサギは激しい交尾をすることで有名な動物である。これにあやかる意味でプレイボーイのロゴはウサギなのだ。

ならば「おねがいマイメロディ」の主人公、マイメロはウサギ=セックスマシーン

Sex Machineと言えば言わずと知れたJBの名曲……つまりマイメロディで言われているこの「メロディ」とはFunkのことだが、FunkイズBluck music……マイメロは白い……ということはマイメロと対極に配置されたイタズラ黒ウサギ「クロミ」のほうがこのアニメの主人公だったんだよ!
白 vs 黒。どう考えてもWASP vs ブラックパンサーの戯画化に他ならない。凄い。さあ、性と暴力と政治的メッセージが爆裂のマイメロを見て夢をもぎ取れ。
葉緑素が足りないのでまた次号。
誰かハイポネックスとハロゲンライトを設置してください。
あと、窓際に置いてください。
枯れそうです。

▼今回の原稿はすべて夢の中で書いたものである。これを読んでいる諸君も夢なのである。

▼獲得した能力:〈アニメ批評力-30〉〈ファンシー+10〉〈ファンキー+100JB〉〈不自由さ+300Z武〉


初出:QuickJapan

[`evernote` not found]

霊的動画批評第3回「ぱにぽにだっしゅ!」

クワッ!思わず第三の目を見開いてみたが、諸君らのバイオリズムはいかがだろうか。自分はここ最近すこぶる体調が悪い。たぶん老衰だと思うが、今日は孫が送ってくれたよもぎ餅を食べて早めに床に着こうと思う。

▼ところで巷には「サザエさん症候群」なる病があるのを諸君はご存じだろうか。日曜のサザエさんが始まる時間帯になると、明日から始まる学校や会社のことで憂鬱になるあれのことである。自分の場合は、早起きの老人が見る「おはようゲートボール」を見ている時点で既に憂鬱だった。ブラウン管の中でゲートボールに興じる死期の近い御爺様方を眺めながら、頭の中でいじめっ子の殺害方法ばかり考える新本格小学生であった。だが大人になり、決して自分がおかしいわけではないということを知った。現在小学生の読者も悩む必要などない。これは来週から始まる学校での様々な災害を予測して身体が拒否反応を起こしているのである。つまり「予知」(プリコグニション) の一種が働いていることに起因する霊的な現象なのだ。だがそのほとんどは単なる勘違いなので、ある意味、霊力が暴走していると言えよう。ダンバインイデオンなど、富野監督の作品を熟知している諸君なれば当然の如くご理解いただけると思うが、神秘の力は必ず暴走するそしてみんな死ぬ

▼今回紹介するアニメ「ぱにぽにだっしゅ!」も同じように霊力が暴走している。気を付けたまへ。タイトルを口にするときも覚悟せねばなるまい。「『ぱにぽにだっしゅ!』超いいよ。新房監督超クール。ソウルテイカーの時からあのスタイリッシュなカット作りに惹かれてたんだよ。ネコミミモ~ド☆」などと口にした瞬間、諸君らは「っていうか超キモい」のひとことで秒殺される。しかし、どのような仕打ちを受けても女性を恨んではならぬ。「ぱにぽにだっしゅ!」をキモいと仰る女性たちは本心からそう言っておられるわけではない。単に照れくさいだけである。嗚呼奥ゆかしいではないか。「ぱにぽにだっしゅ!」タイトルがなぜすべてひらがななのか考えて頂きたい。ひらがなは女性が発明した文字であった。女性性が宿っている。これは霊的メッセージである。ここには女性信仰の意志が秘められているのだ。平塚らいてうがこの時代に生きていれば「ぱにぽにだっしゅ!」を絶賛するであろうことは疑う余地もない。

▼話が逸れた。本来ならここで自分は、諸君らに霊力暴走を止める方法を伝授せねばならないのだが、原子炉から漏れる放射能の如き勢いで放出される超濃度の霊力を備えた「ぱにぽにだっしゅ!」はアニメ界の「もんじゅ」である。どうすることもできぬ。そのまま被爆せよ。有害物質にまみれた毒々モンスターや発電所で事故ったカゲスターなどの例をあげるまでもなく、この世界では酷い目に遭うと生まれ変わってヒーローになれる。諸君らも「ぱにぽにだっしゅ!」の暴走する霊力を浴び、霊的に進化して頂きたい。

面倒くさいのでアニメの内容は紹介しない。見れば分かる。欠かさず見よ。録画してエンドレスで見よ。

▼獲得した能力:〈アニメ批評力+5〉〈オーラ力+10〉〈破滅力+100イデ〉

(初出:QuickJapan)

[`evernote` not found]

霊的動画批評第2回「まほらば」

▼チャオ。賢明なる読者諸君。前回の修行から二ヶ月が経過しておりますが、その後お体の調子はいかがでありましょう。復習がてら前回のポイントをおさらいしておこう――と、思ったのだが前回なにを書いたのか忘れた。

▼まあ良い。さて、今回は趣向を変えてテーマを『癒し』としよう。これは重要である。考えてもみたまえ、RPGに回復魔法がなければどうであろう?序盤のスライム程度になら余裕で勝てるであろう、しかしそれでも無傷とは行かぬ。回復しなければいずれは死に至る。『癒し』の力を身につけることが諸君らの最優先ミッションであった。すっかり失念していた。

▼それではまず諸君らにやってもらうことがある。自分は前回、創世のアクエリオンという教材を用いて何がなんだかわからないことを言っていたと思うのだが、それを忘れろ。忘れるということは救いである。人間があらゆることを覚えているとしたらこれは大変な苦痛になる。忘れる=癒し、まずここから諸君らは学ぼう。前回のことは小さなシナプスのひとつまで、心の火炎放射器で憎しみを込めて巨神兵を焼き殺すように念入りに灼滅せよ。

▼完了したら身近なレンタルショップへ行き「まほらば」という名前のアニメをレンタルすべし。
合成着色料が殺人的に使用された駄菓子のようにバキバキの原色で塗られた色とりどりの髪、オタ臭い太い線で縁取られた絵、とりあえずでかい目、完全に記号化されたキャラクター、諸君らが前回の修行を真面目にやっておれば、オーラの色で発見可能である。
修行はもう始まっている。
諸君らがもし、少しでもお洒落キッズorトンガリキッズぶってこのDVDをレンタルショップの店員に見られることを怖れたなら、それは幻魔に精神を蝕まれている証である。
まさかとは思うが、毛唐どもの娯楽映画と抱き合わせでレンタルし「いや、オレ本当はこっちが見たいんだけど、このアニメ甥っ子が見たいって言うからさ」的な言い訳はしておるまい。もししていたならば銃殺刑ものである。
むしろここはロリコン・コスプレ・監禁拘束もののAVと一緒にカウンターに持っていき「早く帰ってこのアニメ見てハァハァしてえんだよ!口からクソ垂れる前にさっさとバーコードチェックしやがれ!」くらいの鬼気迫る勢いで店員を一〇〇メートル引かせる心意気が必要である。
ちなみに自分はこれを極め、店員を吹っ飛ばして背後のコンクリートにヒビを入れる、という大友克洋的エフェクトな霊的攻撃を可能にしている。

▼教材をゲットしたら修行を始めよう。「まほらば」は善良かつ優良な霊的教材である。なにせサブタイトルが「サプリメントアニメ」なのである。
もちろんサプリメントも大量摂取すれば凶悪なドラッグ。
すぐ大量摂取せよ。

諸君らが、借りてきたDVDを全巻一気見しておるその間にあらすじを紹介しよう。

専門学校(大学でも就職でもないところに霊的なリアリズムを感じる)に通うために東京にやってきた主人公白鳥隆士が、たまたま住むことになった鳴滝荘というボロアパート。そこには五人の住人と、とそれを見守る大家さんが……そして白鳥君は大家さんと恋に落ち……説明が面倒だ

要するに安心出来る王道ジャパニメーションストーリーである。
「めぞん一刻の焼き直しかよ」
とか
「ラブひなっぽくねえ?」
とか、そういうヌルい突っ込みはやめて止めて頂きたい。
この物語はご都合主義的ユートピアドラマとは違う。
元リスカ女、貧乏、作家ワナビーなど、それぞれ心の傷を抱えた者の恢復を描いた大江健三郎的純文学作品なのである。
彼らを見守る大家さん、蒼葉梢もまた乖離性人格障害という重大な病に冒されている。
梢嬢の人格は、普通の女の子、コスプレナース、ロリ白痴、ツンデレ暴力、ネクラ手品……一粒で五つの味。
梢ちゃんとつき合いたい
(多重人格の方はとりあえず「QJ編集部・めろんガールコンテスト」まで写真を同封して頂きたい。コスプレイヤーも可)
さあ、それではDVD鑑賞が終わったころかと思う。
いかがだろう。
なんだか脳内麻薬が通常の二〇倍くらい出ているような気がしないだろうか?
そう、そのまま諸君らは近所のボロアパートに駆け込むのである。
そしてこう言おう「すいません!ここが鳴滝荘ですよね!ぼく白鳥隆士です!」と。
そのまま小一時間押し問答すれば警棒を携えたポリスメンがやってくるはずである。
戦え

そうすれば優しい大家さん(看守)や楽しい住人(服役囚)たちとのサプリメントライフ(精神安定剤漬け生活)が待っている。
しっかり恢復したまえ。
あ、アニメの最終回が始まる。
インターネットラジヲも聞いておくように。
ではまた次回お会いしよう。

獲得した能力:〈アニメ批評力+50〉〈社会性-100〉〈前科+1〉

(初出:QuickJapan)

[`evernote` not found]