「SF」タグアーカイブ

師走の挨拶

お久しぶりです。年に数回の更新ですがお元気ですか? ぼくは相変わらずめろん先生です。

さて、いろいろ告知を。

▼漫画版『キッズファイヤー・ドットコム』大団円!

ヤンマガで連載していた漫画版の『キッズファイヤー・ドットコム』ですが、めでたく大団円!小説版の最後までたどり着きました。きっちり3巻でまとめていただいた川口先生、編集のみなさまに感謝。
最終巻は来年発売予定なのでしばしお待ちを。

▼『もういない君と話したかった7つのこと』全文無料公開中

KADOKAWA文庫で発売された『もういない君と話したかった7つのこと』ですが、実験的にnoteにて全文公開してみました。
毎日更新していたら、そのあいだにnoteのフォロワーが2000人くらい増えました……業者かな?

→こちら

これを受けて、『夏の方舟』も近日中に掲載開始予定ですが、noteになるかcakesになるかちょっとわかりません。ただいま作業中なんでお待ちを。

▼『パパいや、めろん』の掲載も続いています。

子育てエッセイですが、こちらも実は書籍化に向けて動いております。イラストの方も決まって、急ピッチで作業中。書き下ろしも入ってますんでまた告知します。

▼今月の『ディスクロニアの鳩時計』進捗状況

7年前にゲンロンで連載を開始した超絶メタフィクションSF作品である『ディスクロニアの鳩時計』。
完結に向けてじわじわと書いていますが、今年中に終わらない気配です……。
ここで宣言しておこう!

来年終わらなかったら、作家やめます。

正直、この作品はぼくのライフークとも言える作品で、作家人生の半分を費やしています。これまでのぼくの作品の集大成となっていて、なにがおきても完結させる覚悟ではありますが、こういうのって本当に終わらないんです。
これまで未完のあの作品やあの作品……あの作者はみんなこんな気分だったんだなあ……と遠い目になります。
だがしかし、おれはやるぞ。終わらせるぞ。他の仕事を捨てて、家族を捨てて、金も家も捨ててでも、俺は終わらせる。やるといったらやる。これが終わらないと前に進めないのだ。
みなさん、ほんとに応援してください!!!!! おまえらに切実に応援してほしいんだよ!!! ああああ!!!!

▼年末のめろん先生

年末は恒例のTBS文化系トークラジオLife、文化系大忘年会にお邪魔します!久しぶりのLife!楽しもう!
そして新年一発目の元旦からまたラジオ、TOKYOFMのON THE PLANETにゲスト出演します。よろしく!

今年も終わりかけですが、気にせず生きていきます。

▼余談1 友達の滝本さんがなろうで異世界ものを連載開始しました。

その名も「異世界ナンパ」すごい……圧がやばい。
滝本さんは「NHKへようこそ」ヒットのあと、壮絶なライターズブロックに入ってしまい、様々な地獄めぐりを経て復活。
傍らで見ていたぼくも別の地獄にいたんですが……お互いよく生きてるなあと感慨深いです。元気づけられます。

滝本さんに刺激され、ぼくも来年は無料公開で小説を連載したいと思ってます。

▼余談2 バンドはじめました。

滝本さんとぼくと、そして佐藤友哉先生とPhaさん、謎の男ロペス、5人で「エリーツ」というバンドをはじめました。
You Tubeチャンネルもすでにあります。
このへんの顛末は佐藤先生の小説のなかにも書かれているので読んでね。

第一期エリーツはぼくが阿佐ヶ谷に住んでいた10年以上前にみんなでやっていたバンドです。新生エリーツの活動に刮目せよ!

▼余談2 ぼく主催のアナログゲーム集団「RAMCLEAR」の新作が出ました。

RAMCLEARは、ぼくとツムキキョウくんとふたりで趣味でやっていたアナログゲームサークルだったんですが、二年前に株式化。なぜ株式化したのか……ぼくらもわかりません。儲かってませんが、反骨精神だけで生きているので知ったことではない。
ふたりとも「文句があるならおれがやる」というのがモットーなので、毎回気合をいれてゲーム作ってます。

今回は、新人作家の各務都心さんを迎えてのツムキくん初プロデュース作。

 探偵シド・アップダイク #00超能力研究所 ← 無料
 探偵シド・アップダイク #01スローターズパレス

ともに今話題のマーダーミステリーです。マーダーミステリーというのは、人狼と謎解きゲームと演劇をあわせたようなものですが、手軽にやれるのでまずはやってみてください。

ちなみにシド・アップダイクシリーズは、パッケージやタイトルデザイン、入稿も……ぼくがやっています(元デザイン業なんで本職とも言えます)。デザイン作業は小説とちがって手を動かせば終わるのでむちゃくちゃ楽しいなあ。

推しのみなさんとともに、大事に育てていきたいタイトルです。

ちなみにシド、マーダーミステリー界で今、一番有名なキャラクターです。

「マーダーミステリーが作りたい!」
「興味あるのでうちの会社となんかやりませんか?」

という方、気軽にメールとかツイッターで話しかけてください。

じゃ、また!

[`evernote` not found]

熊日文学賞受賞、そのときめろん先生は……

▼Noteより抜粋

 

2018/01/26
夕方に熊本日日新聞の記者さんから電話。
前にエッセイなどでお世話になっているので、なにか仕事かと思い電話をとる。

「あのですね。いま選考会が終わりまして」
「えっ? 選考会?」
「『キッズファイヤー・ドットコム』が熊日文学賞に選ばれました」
「……え?? ていうかいつ候補になってたんですか」
「あれ? 知りませんでしたか?」
「ぜんぜん知らなかった……」
「いまもしかして東京に……」
「そうですね……」
「あーそれは……どうしよう……じゃあ今から電話でコメントもらっていいですか?」

というわけで急遽受賞コメントをとる。
式自体は2月の中旬なので参加できるんだけど、いやあ……びっくりしたなあ。
熊日文学賞は何年か前に坂口恭平くんが取っていたので知っていたんだけど、そうか……熊本在住者が条件だから候補になったのかあ。
野間文芸新人賞は落ちてたから、これは嬉しい知らせ。やったーー!

 

というわけで『キッズファイヤー・ドットコム』が、第59回熊日文学賞を受賞しました。

熊日文学賞に海猫沢めろんさん 生と死の問題、現代的に

野間文芸新人賞のほうはのがしたので、これはありがたい。

しかも選考委員に梶尾真治先生がいらっしゃったんですね。ということは、授賞式でお会い出来るということなのか……エマノンとか、SF読みなら必ず読んでいる名作ですからね。感慨深いです。

さらに頑張ります!

熊本のみなさん、まだ『キッズファイヤー・ドットコム』読まれてなかったらぜひ買って読んでみてください(三年坂TSUTAYAか、長崎書店さんにはあるはず!)。
街でぼくを見かけたらお気軽に声かけてください!

noteのほうで日々の雑記を更新しているのでたまにのぞいてみてください。

さらに2月には北九州のほうでこんなイベントもございますので、よかったら遊びに来てください。
チケットが……もうないかもですが、問い合わせてみていただければと!

 

[`evernote` not found]


新刊など諸々お知らせ

▼新刊書影きました

新刊『キッズファイヤー・ドットコム』ついに来ました。

装画は「先生の白い嘘」でおなじみ、鳥飼茜さんです。

7月26日には都内に並ぶかと。地方のほうでは入手困難になるかもしれないので、事前の予約をおすすめします。

いろいろなところから取材のオファーをいただいており、発売日ごろには記事も出ると思います。

いままでの作品とは違った試みや、これまであまり語っていなかったぼくのここ数年のプライベートについても話しています。

 

▼『明日、機械がヒトになる』重版

重版、それは作家にとっては非常にありがたい言葉です。

去年出した、「明日、機械がヒトになる ルポ最新科学」が、重版します。

品切れしているところもあったので、まだ手に入れていない方は、この機会にぜひお買上げを。

星雲賞の候補にもあがっているので、もしSF大会行かれるかたがおられたら、清き一票をお願い致します。読んでいただければわかるとおり、思弁SFっぽいテイストもいれてみました。

 

▼「愛についての感じ」文庫化

さらに、絶版になっていた「愛についての感じ」も文庫化します。

これ、装画は市川春子さん、装丁は名久井直子さんなんですよ。自分の小説の装丁のなかでもかなり気に入ってるものです。文庫も同じような感じになるかと。発売はちょっとまだ先になると思います。

10月から市川さんの「宝石の国」がアニメ化されるのも楽しみです(普通にファンなので嬉しい)。

 

▼新アナログゲーム開発中

ぼくがやっているインディーズアナログゲームメーカーのRAMCLEARですが、去年の「畳地獄」に引き続き、今年は「ヘルトウクン」というゲームを発売する予定です。

「ヘルトウクン」とは、どのようなゲームなのか?

開発の模様は毎日更新のRAMCLEARブログで。

http://gamemarket.jp/booth/gm1800/

二人用対戦推理ゲームなのですが、前回の「畳地獄」よりもかなりとっつきやすいゲームになっています。チェックしているとそのうちどんなゲームかわかると思います。

[`evernote` not found]


星雲賞の参考候補にノミネートされました

明日、機械がヒトになる ルポ最新科学 (講談社現代新書)

が、星雲賞の参考候補になっています。
http://www.sf-fan.gr.jp/awards/2017result.html

星雲賞は由緒正しきSFファン投票の賞なんですが、これは胸が熱くなります。
何年もかけて書いているときに、SF好きの人とか、理系の人に哲学の面白さを味わってほしいなあとか思っていたので。
協力してくれた科学者のみなさんにも感謝です。ぼくひとりの作品じゃないので。

発表は先ですが、読んで面白かったら投票してやってください。

[`evernote` not found]